« ダリ展からDOMANI明日展へ | Main | ひとくちメモ的今年の漢字で振り返る2016年 »

2016.12.23

富士山、クレマチスの丘、詩

Mt_fuji_20161217

15日の夜から静岡県三島市に3泊した。平日は仕事で週末は観光。連日いい天気で富士山がとても美しかった。

三島から見る富士はとても大きく、夕方にはまさに赤富士となり、多くの文学者が富士の山に喚起されて来たのも分かる気がする。そしてこれからも富士が多くの芸術を生んでいくような気もする。

私は富士が大好きだが、一歩たりとも登りたいとは思わない(bearing)。富士は遠くに眺めてこそ美しい。

Vangi_museum_20161217●クレマチスの丘

一番おもしろかったのは仕事だったのだが、それは書けない。週末の観光ではクレマチスの丘を初めて訪問した。三島駅から9:40発の無料シャトルバスで約20分。道中にも富士が見える。

クレマチスの丘は静かで清潔で落ち着く空間だった。朝いちばんだったこともあるだろうが、とても贅沢な時間だった。

まず、ヴァンジ彫刻庭園美術館とIZU PHOTO MUSEUM の2館共通チケットを購入した。共通チケットはいろんな組み合わせが出来て便利だった。

ヨヘン・レンペルトの写真展「せかいをさがしに」は地味な企画展だったが、生物学に裏打ちされた写真群は面白かった。

ジュリアーノ・ヴァンジの彫刻は独特だった。キュビズム的に人体を具象化しようとしているのか、デッサンの崩れたような人物像が多い。しかし見る角度によって表情がまったく異なるのが面白い。

人間の多面性をひとつの作品で表現しようともがいてる感じだ。展示館内の照明や配置はヴァンジ本人がこだわりを持って設置しているそうで、確かにそこに何らかの意図を感じさせる配置だった。

庭園にはユーモラスな彫刻がいくつかあった。右上の写真はガラス面に鼻をくっつけている男(タイトルは違うと思う)を横から撮った。最初は誰かに見られてるのかと思った。そういうドッキリ彫刻がいくつかあった。

壁をよじのぼる男も面白かった。ちゃんとネクタイをして壁をよじ登っていた…。この男の顔も右と左とでまったく別人になる。

Vangi_museum_01_20161217

●ベルナール・ビュフェ美術館

Buffet_museum_20161217クレマチスの丘の真打は、ベルナール・ビュフェ美術館だろう。この時期は「ビュフェと1940-50年代 不条理に対峙する絵画」展というコレクション企画展と、「ロベール・ドアノーと時代の肖像 - 喜びは永遠に残る」展が同時開催中だった。

ビュフェの絵画は一度見ればすぐにビュフェとわかるような強烈な個性、あるいはトーンを持つ。ビュフェのサインはもはやサインの域を超えて、それ自体が絵画のデザインの一部、絵によっては主役ではないかとも思えるような大きなサインだ。美術館の壁に大きく描かれているのも、そのサインだ。売れっ子だったんだろう。このサインがあるだけで売れた時代があったんじゃないだろうか。

ロベール・ドアノーの写真展も面白かった。有名人のポートレートは単なる肖像ではなく遊び心がある。また街で捉えた一瞬のおもしろスナップやおもしろ構図写真の数々は、梅佳代に通じる写真芸術のひとつの潮流にも思える。素直に人間って面白い、写真って面白いと思える。ポートレートにしろスナップにしろ、やはり撮っておくべきだと思った。

またドアノーが惚れ込んだ小説家ジャン・ジオノへのオマージュとしての連作写真「ある羊飼いの物語」も実にいい写真です。羊飼いの大移動に同行して撮った数々の写真は、ひとつの時代のポートレートになっていました。

不満だったのは、絵はがきが少なかったこと。ドアノーの写真は数枚購入しましたが、ビュフェのほうは買いたい作品がありませんでした。また、ドアノーの図録もせめて展示作品はすべて載せて欲しかった。「門出の歌」が欲しかった(笑)。

昼過ぎまでクレマチスの丘を歩き回り、またシャトルバスに乗って三島駅に戻った。美味しいうなぎ屋があるというので南口に回って、桜家といううなぎ屋さんでうなぎが3枚乗ったうな重を。遅い昼食となりこの日はホテルに戻ってぐっすり寝た。

●谷川俊太郎展

Tanikawa_shuntarou_20161218

翌朝、帰宅前に駅前にある「大岡信ことば館」で谷川俊太郎展を鑑賞した。Z会の建物内にある。美術館でもなく博物館でもない。ことばを展示する空間。しかしお勉強感覚でもなく、ことばをビジュアルに展示しようという意欲があって好みの展示空間だった。

先日のDOMANI明日展のときに感じた、情報社会におけるアートとことばのコラボレーション感覚をここでも強く感じた。こっちはことばがメインだけど、谷川俊太郎さんの詩や詞はとても五感を刺激する。

谷川さん自身の朗読に耳を傾ける(文字通り耳を傾けて聞く)展示が4か所あった。寝かせたスピーカから筒が伸びており、その先に蓋がしてある。蓋を取って耳を傾けると、その筒から谷川俊太郎さんの声で詩の朗読が聞こえてくるのだ。

谷川俊太郎さん、役者だね。ポエトリーリーディングの抑揚に惹き込まれる。素晴しい詩を書けても、朗読は上手くない詩人もたくさんいると思う。坂本龍一の歌がお世辞にも上手いといえないように(catface)。でも谷川さんの朗読は実にいい。シンガーソングライターならぬリーダーポエムライターだ。絵本と詩のコラボレーションも多い谷川俊太郎さん。様々なメディアと絶妙にマッチする。

谷川さんのお父さん(哲学者の故・谷川徹三氏)から子ども時代の俊太郎君に宛てたハガキも展示されていて、そのことば感覚に驚いた。この父にしてこの子ありなんだなぁ。

ボクは中島みゆきファンで、中島みゆきさんを通して谷川俊太郎さんの詩に出会った。中学生の頃。詩集を読み漁るようなタイプの人間ではなかったが、こうして展示された空間でひとつひとつの詩と向き合うのは楽しかった。

|

« ダリ展からDOMANI明日展へ | Main | ひとくちメモ的今年の漢字で振り返る2016年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/64643122

Listed below are links to weblogs that reference 富士山、クレマチスの丘、詩:

« ダリ展からDOMANI明日展へ | Main | ひとくちメモ的今年の漢字で振り返る2016年 »