« August 2015 | Main | October 2015 »

5 posts from September 2015

2015.09.27

秋だ!ケリをつけたり始めたりすること

いやはや光陰矢の如し。もう秋か。この一年(というか前半)は個人的にはいろんなことが起こったが、後半はその反動でまったく自堕落に過ごしてしまった。もう10月になってしまうので、ここらで多少奮起しなければと映画「百円の恋」を見ながら思った次第(wink)。

昨年11月に始めた大片づけも最後の詰めが済んでいない。当時はまだ書籍を手放すという感覚がなかった。出会った書籍とは一生付き合っていくという信念のようなものがあった。しかし片付けた結果、手放してもいいかなという書籍が段ボール49箱になったので、ここで一区切りつけようと気持ちを切り替えた。まだ保留中の書籍とか文庫・新書はこれが片付いてから考えることにする。ひとつケリがつけばその次に進める。ようやくわかった(coldsweats01)。

タワーパソコン2台と液晶やケーブル類も、この機会に処分することにしていたが、この機会といいながら1年になろうとしている。ちょうど2年間デスクトップパソコンを捨てたいが捨てる時間がないという友人がいるので、ここで一緒にケリをつけようと提案し業者に持ち込む段取りがついた。ようやく片付きそうだ。

一時は安いアパートを借りて書庫&書斎として使おうと物色もしたが、スーパーカブ110を盗まれたため、思い直して意識が廃棄に傾いたのかもしれない。

maple

読書の秋。ちょっとお固い本を何か読みたいと思っていたところに、ちょうど『十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争』を読み終わったタイミングで、荀子に興味を持った。荀子といえば「性悪説」だが、習近平はこの荀子に精通しているという。これは実に興味深いと思った。

荀子は日本ではマイナーなほうだし、儒家のアリストテレスといわれて儒教の理想主義に現実的な政治・統治論を組み合わせた荀子という存在は、習近平の中国が誕生したこのタイミングを逃すと読み始めるきっかけはもう来ない気がした。現実政治や世界経済を知る上でも習近平のバックボーンを知っていて損はない。

というわけで今日、徳間書店の『荀子』を購入してきた。入門編としてよみやすそうだ。

もうひとつは『真説・長州力 1951‐2015』を読み始めた。長州とは同郷でもあるし、母の後輩でもあるし、前半には知っている地名がたくさん出てきた。こちらは読み終えたらきっとひとくちメモに書くだろう。

今日、書店でみつけて衝動買いした本がもう一冊。森は海の恋人でおなじみ畠山重篤さんの『牡蠣とトランク』という美しい書籍。パトリック-ルイ・ヴィトンさんの挿絵もとてもいい。すぐに読み終わってしまいそうな本なので、これはちょっと時間を置いて読み時を待ちたいと思う。牡蠣を美味しく育てるような感覚で。個人的に牡蠣の美味しい時期にパリに行きながら(しかも露店で牡蠣を横目で見ながら)牡蠣を食べずに帰ってきた2年前を思い出しつつ…。

sandclock

とまぁ、結局は古い本を捨てて新しい本を買ったってだけの話だったな。「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」という気分で、多少精神くらいはリフレッシュしつつ新しい生活を求めて動き出せればいいかなと思ったりしてる。とにかくまだ片付いていないという現実を直視しなければ!古い本をいま捨てられるのはオレの決断次第ってとこだ。

おっと、もうひとつあった。昨日だったか梶芽衣子さんが11種類の歯ブラシを使っているとテレビでおっしゃっていた。そのなかに奥歯の内側磨き用に赤ちゃん用の歯ブラシを使っているとおっしゃっていて、「それいただき!」とさっき「こどもハブラシ 0-3才用」を購入してきた。ワンタフトだけじゃんなくこれも使ってみて、よければ使い続けたい。梶芽衣子さんも就寝前に20分間歯を磨くという。そういうとこも見習いたい秋なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.09.23

安藤サクラの女優魂!百円の恋

自堕落の極みのように過ぎ去ったシルバーウィーク(bearing)。思えばゴールデンウイークからずっとそんな気分のまま生活していたかもしれない。そんな自分を投影できそうな映画「百円の恋」の一子(安藤サクラ)を思い出した flair 山口県ゆかりの映画だ。徳山動物園がロケ地のひとつになってる。J-COMオンデマンドに無いかなと探したら運よくあった。貧乏性なので2回目を見ながら書いてる。

「愛のむきだし」のとこでも書いたけど、安藤サクラの何が好きかってまず顔が好き。なにか才能が詰まってそうな。そしてアングラな感じ。ある種の狂気も感じさせるような。「僕らは歩く、ただそれだけ」とか「かぞくのくに」も好きな映画だった。起伏のないなかに精神だけが高ぶっていくような演技。

「百円の恋」も前半はあまり起伏がない。とにかく自堕落な生活の32歳の一子。実家でテレビゲームのボクシングをダラダラやってる安藤サクラ。離婚して戻ってきたと思われる妹ともめて一人暮らしを始めるがその資金も甘い母親に出してもらう。

コンビニで働き始め、その通勤途中にあるボクシングジムとそこで練習する男に目が留まる。ここから生活が少しずつ変化し始める。まだ自堕落感を引きずっているが、ボクサー男の引退試合に魅せられて始めたボクシングが一子の救いになっていく。

それにしてもこの映画に登場する男は本当にクズばかりだ。一子が惹かれたボクサーの男もクズだった。だが女はクズ男によって成長するのかもしれない。愛があるうちは母性によって、別れたあとは自分磨きによって。その落差の大きさを安藤サクラが完璧に表現する。

自堕落だった女から本気でプロテストを目指すボクサーに。このあたりのフォーマットは「ベストキッド」のようでもある。安藤サクラはその表情だけでなく肉体もボクサーに変化していった。かなり特訓したんじゃないかな。女優として本気だよってオーラがハンパなく出ていた。前半と後半とでまったく別人のようになってる。映画冒頭のボクシングゲームをやりながらぼりぼり掻いている背中とプロになって初の試合に挑む締まった身体との落差がすごい。

ボクシングジムのトレーナーからはプロテストに合格してもまぐれと言われ、試合がしたいと言えば「ボクシングは自己満足の道具じゃないんだよ」と言われる。それでも動じない。トレーナーはダイエット目的だろうと思っていたが、一子はボクシングを始めるときから試合にこだわった。それはなぜだろうと考えてみる。もしかすると一子は殴り合った後のハグに救いを求めたのではないだろうか。

初めて見たボクサー男の試合後に相手は知り合いかと聞いた一子。殴り合った後に称えあうその光景に心のスイッチが入ったような気がする。その後、ボクサー男と付き合い始めた頃はなんでボクシングをやるのかと聞かれて「さぁ…」としか応えられなかった。ボクサー男に振られて本気でボクシングに取り組み始めた後、別れたボクサー男と偶然再会しボクシングを始めた動機をあらためて聞かれると「殴り合ったり、肩たたきあったりなんか、なんかそういうのが、なんかそういうのが、なんだろう…」と応えた。

コミュニケーションが決して得意でない一子は自堕落な生活のなかでも妹と殴り合うことでしか感情を現せなかった。しかし殴り合うことで対話するボクシングと出会い、痛めつけながらもその先に肩をたたきあいハグをして称えあえる世界を見つけたのではないか。だからこそ完膚なきまでに打ち込まれノックダウンされた試合でも正気を取り戻して相手とハグすることでようやく救われたのだ。

それでも一子は「勝ちたかった」と号泣する。それはこの試合の感想だったんだろうか。もちろんそれはそうなのだが、「勝ちたかった。一度でいいから勝ってみたかった」とボクサー男に打ち明け泣きじゃくる一子からはもっとたくさんの感情が聴こえてくる。その痛さをクリープハイプのエンディング曲「百八円の恋」が全力で代弁しているようだった。

ボクシングとハグの味を知った一子はボクシングを続けるだろうか。これで区切りをつけてまた日常に戻っていくのだろうか。試合後、飯食いに行ったその先を映画は描かなかったが、いずれにしてもこんなクズ男とよりを戻してほしくないと思った(think)。成長した女にクズ男はもういらない。だけど母性はやっぱりクズを求めてしまうものなのかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.09.21

他の誰にも語れない!Mr.KEIのDVDも鑑賞

今年のゴールデンウイークにひとくちメモで「他の誰にも書けない!Mr.KEIのアメリカ獄中記」を書いた。4か月経ってもこの記事へのアクセスが途絶えない。さらにこれまでの人気記事と大きく異なるのは滞在時間の過去にないくらいの長さ。たぶん平均4分、最長20分くらい。滞在時間の長さでは「復刊!ブラバンキッズ・ラプソディー」と並んで、読んでもらえてる感がハンパなくうれしい(wink)。

ネットでのMr.KEIへの興味は相当高い気がする。TBSの「クレイジージャーニー」で紹介されてから。もっともアクセスワードでは昔の組を知りたいのかなという感じの語句もあったりして、どんな興味かはわからないが…。チカーノファッションやローライダー、タトゥといったギャングファッションの認知度も確実にアップしているんじゃないだろうか。ということで、シルバーウィークの中日にDVDのほうも書いておこうと思った次第。

2009年に2本のDVDが発売されている。ゴールデンウィークにMr.KEIの著書を読み終わった後、すぐにDVDも両方購入して見た。シルバーウィークの今日も再度見た。著書の内容と重複する部分はもちろん多いわけだが、Mr.KEIへのインタビューをメインにして、当時刑務所内で撮影された写真なども多数紹介されているので、読書とはまた違った興味深さがある。

2本の違いだが正式なタイトルは、

日本が生んだギャングスタ チカーノ・KEI アメリカの刑務所に10年服役した男
チカーノ・KEI & HOMIE アメリカの刑務所に10年服役した男

となっていて、この順でPART1、PART2という構成になってる。各55分なので、あわせてひとつのドキュメンタリー映画だといえる。

PART1は主にKEIの生い立ちやチカーノとの出会いなどがインタビューで構成されている。子どもの頃のかわいい写真もあれば、果物ナイフで詰めた小指の後処理の話もあり盛りだくさんだ(coldsweats01)。これ一本でも十分にMr.KEIについてよくわかる。

PART2では、アメリカ刑務所での生活やチカーノ文化を現在のイベントなどを絡めて広く紹介している。チカーノ伝統のジェイルライス(刑務所飯)もKEIが直々に作ってくれる。ローライダーやタトゥのイベントに興味がある人はこちらも合わせて見るといいかもしれない。

Mr.KEIが出所したのは2001年なので、DVDはその8年後の制作、現在はそのさらに6年後(出所後14年後)だ。今年は山口組の分裂もあり極道の世界も様変わりした。

Mr.KEIはバブル時代に若くして大金を手にし、バブル崩壊とともにアメリカの獄につながれ、そのなかで人生を決定づけるチカーノのビッグ・ホーミーと出会い、出所後は日本に強制送還されたがチカーノの伝道師として日本で様々なイベントを仕切っている。

Mr.KEIは野獣の世界といえるアメリカ刑務所のなかでも最高レベルの刑務所で更生したわけだ。部族間抗争に明け暮れ、看守との裏取引は日常茶飯事、女性看守の売春も当たり前、出所後に女性看守と結婚する囚人も少なくない。そんな世界に10年以上いて、しかしそこで様々な更生プログラムや職業プログラムを受講して出てきた。めちゃくちゃな世の中にも生きるための理があり、理を通さなければ殺される。そういう環境でも人が更生できるというのは実に興味深い。

30年も獄中にいて出所日に出たくないと隠れた老受刑者や、出所したその日に戻りたくて強盗してしまう元受刑者などオモシロ(?)話も出てきた。レベル5(最高レベル)の刑務所のほうが静かな受刑者が多く、レベルが低いほどやんちゃな受刑者が多いというのも実社会とつながる気がする。極めた人間は静かなものだ。

欲望と抑圧と自由のふり幅が極端に大きいアメリカ刑務所は実社会の究極の縮図なのかもしれない。一般社会では隠された様々な動物性が表出する刑務所社会のなかで生き抜く能力に魅力がある。

この男の一代記は映画かドラマにしなきゃいかんだろうTBSさん!極道ドラマは得意じゃないですか。遠藤憲一さんを主演にぜひドラマ化してほしいなぁ。究極のヤメゴクなんじゃないだろうか。

と思っていたら、2016年公開予定でドキュメンタリー映画が作られていた!『HOMIE KEI』という映画。それもクラウドファウンディングで資金を集めていた。すでにファウンディングの応募期間が終了していた。残念!出資したかったなぁ。でもこの映画は観に行きたい。日本語字幕版が出来ますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.09.07

東京オリンピックエンブレム案

せっかくだから白紙撤回された東京オリンピックエンブレムの案をオレも考えてみた。

Tokyo2020

題して「全部白紙に。」


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.09.05

夏旅2015

最近はスマホからツイッターで写真とともに呟けるから、あらためてブログに書くことも少なくなっている。しかし毎年必ずあの時はいつだっけといった話題になるので、そういうときはブログのほうが検索しやすい。それで10周年、15周年とまとめて書いているようなところがある。だから今年の夏旅もまとめて1本にしとくほうが後々検索しやすくていいかもしれないと思い、書き始める。

今年は初日に異変があった。これまで初日は出来るだけ距離を稼ぐとか、渋滞の高速を避ける方法を考えるといった考え方だったが、近場で一泊、具体的には静岡泊を選択した。

昨今はプロ将棋でも序盤の研究が盛んだが、夏旅も16年目となればそのような気分になったのか…、といえばまったくそうではない。名古屋在住のメンバーが今年は神奈川の実家に戻る必要があり、初日だけ合流するという物理的制約によって、地理的にその中間地点として静岡県がクローズアップされたのだった。

それが決まったのが出発直前。あまりに場当たりではあるが、それがこの行き当たりばっ旅の魅力だ(?)。そこで静岡市で宿を検索したが、これが素泊まりですらまったく空いていない。大人1人×4部屋の確保は断念し、4人一部屋で探すが、それこそ93000円とか、マジ観光旅行価格しか見当たらない。

初日:静岡県

ブリーズベイ修善寺ホテルそんななか、ようやく箱根と修善寺で素泊まり8,000~13,000円台の宿を見つけた。協議の結果、修善寺の岩窟風呂があるブリーズベイ修善寺ホテルに決定した。決め手となったのは、修善寺温泉旅館協同組合のWebサイト「旅ナビ」だ。このサイトには「当日の予約」と「明日の予約」という直前予約システムが搭載されている。このユーザビリティに敬意を表した。ホテルもとても綺麗でアーティスティックな空間が心地よく、岩窟風呂も面白かった。岩窟風呂の真ん前の部屋だったのでほとんど内風呂感覚で入れた。また最近は外国人観光客が多いのか、座敷の部屋なのに大きなツインベッドが置いてあった。

修善寺温泉は歴史はありそうだが、街そのものは現在再開発真っ最中といった趣き。首都圏からも近くちょっとした小旅行に持って来いな雰囲気ではあったが、素泊まりだと豪華な食事にはありつけない。夜になるとお蕎麦屋さんとかラーメン屋さんとかお寿司屋さんとか居酒屋さんとかスナックとかそのくらいしかない(各1軒と思っていただいてかまわない)。我々はすべて店の前まで行って、結局ラーメン屋さんに入った。ラーメン以外にも中華料理メニューがあったのでそれを頼んで初日のプチお疲れさん飲み会とした。このラーメン屋さんは腕は確かで実に美味しい料理ではあった。焼き鳥も丁寧な仕事で絶品だったので大満足だったのだが、温泉街の雰囲気ではなかった。

20150808_syuzenji


翌朝は土肥港から朝のフェリーで清水港へ渡る予定にしていたので、7:30頃には出発した。ここで神奈川帰省メンバーとはお別れ。お別れメンバーはまだ時間はあるので浴衣で送り出してくれた。その姿はまるで温泉宿で仲良くなった気のいいオッサンといった雰囲気であった。

土肥港までは約50分だったが、思いのほか早く着き過ぎ、フェリー乗り場のおじさんに「9:00ごろ来て」と言われた。大阪南港で乗り遅れたトラウマがあるので、予約のないフェリー乗り場には早く行かねばという強迫観念があった。しかたなく近所のコンビニで朝食を買って車で食べた。

土肥港から清水港までのフェリーが県道223(ふじさん)となっており、出発直後から富士山が見える。この光景はフェリーならではだが、この日天気は良かったものの、富士山はうっすらとしか見えず残念。フェリーを降りて三保の松原に行った。無料の駐車場があり、さすがに美しい砂浜だったがここからも富士山は見えず、ソフトクリームを食べて先を急いだ。

20150809_kendou223

昼飯はとろろ汁の元祖丁子屋へ。13時くらいで長蛇の列だったが、室内で並ぶので暑さは多少和らいだ。20分くらい並んだだろうか、前後のグループをまとめて一室へ案内してくれる。大きな屋敷で雰囲気もよかった。あれもこれもと注文しすぎ糖質を摂りすぎた!

二日目:京都~姫路~岡山

京都の宿は修善寺のホテルでメンバーE氏が取ってくれた。この時期に1名×3部屋の予約は至難のワザだったが、そこはE氏の性格と経験と実績が効いた。予定をしっかり決めたい性格、他のメンバーの行き当たりばったり癖の経験、そしてコロプラ完全制覇の実績。実に頼もしい。

宿が決まっている余裕もあり、京都には夜ついた。ホテルに置いてあった飲食店カードから天ぷらのお店を選んでそこで夕食。往路で京都泊という選択も初めてだろう。前年の復路で四条通の夜の素晴らしさを知った行き当たりばったりチームも満足だった。

ホテルに戻った後、私は京都在住のyokoさんと再会。出会ったのは確か2003年だから12年になるが途中6年くらいブランクがある。ブランク後の再会はこのブログ記事だった。書いておくものだ。

翌朝、またシトロエンピカソに問題発生。エンジンを冷やす水温が高温になりすぎているというエラーメッセージ。京都のディーラーに電話するとリコール対象のトラブルの可能性ありとのことで少しなら走っても大丈夫と言われる。恐る恐るディーラーに向かうとやはりリコール対象の計器故障だった。とりあえずホッとしたが時間のロスになった。

京都に来てどこも観光しないのも失礼だということで、伏見稲荷大社へお参りした。個人的にはスクールウォーズの伏見工業高校の校門を見たことのほうが嬉しかった(笑)。お稲荷さんの雑然としたケバさはまさに日本の土着信仰だなと感心した。こういう信仰こそが商売繁盛につながるモチベーションにもなるのかもしれない。鳥居のミニチュアが絵馬のようになっていたのも面白い。

20150810_fushimiinari

この日のメインは姫路城だった。この夏旅はいつの頃からかメンバーが一か所行きたいところを申告しそこを必ず訪問しつつ西へ向かうという習わしになってきた。おそらく16年もやっているとルートを考えるのが面倒なのでそういう趣向になったような気がする。姫路城もそのひとつで「国宝姫路城大天守保存修理工事」が完了した今年の訪問だった。しかし着いたのは17時ごろで城内には入らず外からその美しい城を眺めつつ散策した。

姫路城の入口に4つの外国語が書かれていたが、ふたつの中国語の漢字の違いが分からなかった。北京語と広東語なのかもしれないが同じ漢字なら1つでいいような気がした…。他の施設と同じにしておかないとクレームが来るのかな?

20150810_himejijyo

姫路ですでに18時を回っていたため、今夜は姫路泊かなと思っていたが、姫路城前の駐車場でE氏が岡山県の東横インが予約可能だと発見してくれたことで岡山泊が決まった。実はE氏は三日目の夜、福岡空港から飛行機で戻るチケットを予約済みだったため、出来るだけ西に行って安心したかったのだろう。

しかしこの決定が岡山県の奈義ビーフにつながることになった。すでに姫路で夕食モードになりつつあった我々はちゃんとした料理にありつきたいと思っており、そこで私が何気に「岡山県 熟成肉」で検索して見つけたのがQUCHIだった。究極の地産地消を縮めて「キューチ」と読む。

ただ、岡山に着く時間は21時近くになり、閉店時間が気になる時間だった。しかしそこでもE氏の行動力でちゃっちゃと予約しラストオーダー1時間前くらいに入ることができたというわけだった。おかげでリピート必至の熟成肉にありつけたのは既報のとおり。最終日の夜に美味しいステーキを食べることが出来た。

三日目:山口県

翌日は一路山口県を目指した。中国地方とはいえ岡山県は結構遠い。初日が近場だったツケが三日目に出てくる。今後はこのあたりの日程配分も研究課題かもしれない。

20150814charlotte私の実家には午後に着いた。第二スターは休み。子どもの頃からある長崎ちゃんめんで昼食を食べた。他のメンバーはここがリンガーハットより歴史があると聞いて驚いていた。長崎県人のS氏も満足の味だったようで良かった。E氏は福岡まで徳山駅から新幹線に乗ることにした。このままピカソで行くと福岡で高速を降りる必要があり、17時頃長崎に到着したいS氏には厳しい時間になっていたからだ。

こうして夏旅2015はゴールした。私はこのあと、実家の両親や妹家族と大分県の高崎山に小猿のシャーロットちゃんを観に行ったりした。その帰りに夏旅10周年に行った中津市を通って、当時行けなかった唐揚げの名店ぶんごやで唐揚げを買い車で家族と食べた。美味かった。その後、8月16日(日)の新幹線で復路に着いた。お盆の帰宅ラッシュだったためグリーン車を予約していた。おかげで快適に帰ることが出来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »