« February 2015 | Main | April 2015 »

5 posts from March 2015

2015.03.28

もっともっともっとみゆきと深い仲

1994年にボクは何をしていただろう。昨日は飲み会の後のカラオケで1994年のヒット曲から尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」を歌った。中島みゆきの1994年の番組再放送を翌日(つまり今日)見る予定にしていたからあえて「空と君のあいだに」ではなくて。

そしていま見終わった。NHK BSプレミアム「中島みゆき もっとみゆきと深い仲 時代・夜会・そして」を。知っている画像も多かったけれどこの番組自体は初めて見た。冒頭から「二隻の舟」ではじまった。これまでボクの一番好きな曲は(日によってムラがあるが平均的には)「歌姫」だと思うけど、「二隻の舟」は双璧かも。特にいまのボクには沁みたなぁ…。

「見返り美人」のプロモは映画館で見た気がする。サビの「みっかえりのび・じ・ん」の美人の部分がボクの記憶していたメロディと違っていた。ボクはシ・ラ#・ソ#だと思っていたのだが、中島さんはド#・シ・ソ#と歌っていて、とても和風なメロディだった。このメロディラインはボクのなかには無くてとても難しいけれどいまになって新鮮だった。見返り美人は和風美人なのか!?


途中に挿入されるインタビューや語りも興味深かった。根岸吉太郎監督の「多彩な才能を捨てて歌に賭けた中島みゆきの語りの世界観」の話とか。さすが映画監督はタレントを独特の観方で観察してる。

歌うことを選んだ中島みゆきがその歌の実績を引っ提げて夜会という舞台表現を1989年に始めたわけだ。ポエトリーリーディングとして見ても絶品な「元気ですか」。物語のなかに置かれてあえてまとわりついた色をはぎとられていく「わかれうた」「ひとり上手」というヒット曲。初期の夜会は言葉のというより中島みゆきの実験場のようだった。わかれうたを本当に道に倒れて歌っているのだ。

工藤静香のインタビューも良かった。「やまねこ」と「あたいの夏休み」を聴いて楽曲提供を依頼したそうだ。工藤静香はおニャン子出身だが、独特な言葉を持ってる。タレントに必要な直感力を持って自分の言葉で話すことが出来る。そこが凡百のアイドルとは異なっていたと思う。中島みゆきに対しても不思議なままでいてほしいと語っていた。決して難しいことを言っているわけではないけれど、その直感、才能という他ない。

ボクの好きなアイドルの系譜を思い返すと、言葉を持っている子と確かな楽曲との組み合わせという共通項があるような気がした。キャンディーズも聖子も工藤静香もしっかり自分の意志を語り、楽曲提供してくれる先生方やスタッフともディスカッションできる度胸を持ち、最後は自分が演じるという責任感で仕事が出来る。売れないはずがない。

幸せと辛さとは文字が似ていると中島みゆきは語った。十分に辛い思いをした人が幸せになるのだと。ボクは辛さに蓋をして幸せになるものだとばかり思っていたが考えを改めよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.21

1964年のジャイアント馬場

Book_bi

昨年の太川陽介さんと蛭子能収さんの著書を並べた写真が個人的になんか好きで、今回もこの2大プロレスラー本を並べて撮ってみたが、今回のメインテーマは『1964年のジャイアント馬場』だ。毎朝少しずつ読み進みついに読了!

ボクにとってプロレスといえば新日本プロレスだった。アントニオ猪木、長州力、タイガーマスク(佐山サトル)の時代だった。おそらく中学時代にもっとも時間を費やしたもののひとつだ。村松友視さんのプロレス本を読み耽り、週刊プロレス、週刊ゴング、ビッグ・レスラーなどの雑誌を読み漁っていた。

そんなボクにとって全日本プロレスはスローな展開で面白みのないものに感じていた。ジャンボ鶴田が「うぉー」と拳を突き上げるのを見て、今でいうとゆるキャラ的なズボラ感を感じていた。毎週テレビでやっていなかった(山口県では…)というのも大きかっただろう(KRYで日曜の特番では放送されることがあった)。だからジャイアント馬場をそれほどすごいと思ったこともなかった。

ただ、全日本プロレスには漫画「プロレススーパースター列伝」に登場する外国人選手が多くいて華やかなイメージもあった。ブルーザー・ブロディやミル・マスカラス、はたまたハーリー・レイス、リック・フレアー、ニックボック・ウィンクルなどのレジェンドも新日本プロレス中継では見ることが出来なかった。

山口県徳山市は長州力の地元だからか新日本プロレスは毎年正月に興業を行っていた。しかし長州力がジャパン・プロレスを立ち上げ全日本のリングに移ったことで、ある年全日本プロレスが徳山市体育館の新春興業にやってきた。そのとき初めて生で動くジャイアント馬場を見た。

身体が大きいということの絶対的な価値を感じたのはそのときだった。すでにメインエベントは鶴田や天龍、ファンク兄弟にテッド・デビアス、ブロディ、ハンセン、スヌーカーら充実した面々が戦い、馬場の動きは緩慢になっていて中堅レスラーとゆるい試合をやっていた。ただジャイアント馬場が日本テレビのスポーツ中継テーマ曲で登場すると、ただただそれだけでその大きさに驚く。来て良かったと思わせる説得力を持った大きさだった。

馬場が足をあげてそこに相手選手がぶつかっていくだけでその存在感の大きさが伝わってきた。いわば相手レスラーは大木に自ら突進していくような感じだ。馬場のチョップは物理法則に従って、大きな棍棒が降ってくるかのようだった。それだけで確実に重そう、痛そうという感覚が伝わる。そして試合後、タクシーに首を曲げて乗り込んで去って行った馬場の後ろ頭がいまでも記憶に残っている。

●ジャイアント馬場で辿るプロレスの旅

その後の馬場はまさに好々爺といった感じでメディアに登場していた。しかしプロレス中継の解説はどこかピンボケで、とても冷めた印象だった。

そういった当時の感触が間違っていなかったことが今回『1964年のジャイアント馬場』を読むことで分かり、かなりスッキリした。

しかしそれは些末なことでもある。ジャイアント馬場のプロレス人生においては、ボクの生まれるより少し前のアメリカ時代こそが最高潮の時代であり、全日本プロレスと新日本プロレスの抗争以前のジャイアント馬場こそがもっとも評価されるべき、また語られなければならない時代だった。それがこのノンフィクションが語りかけてくるメッセージだと思う。

日本のプロレスは力道山という超特大ローカルスターによって長く支配されてきた。任侠や政治とも結びつき、戦後の日本の娯楽として大きな成功を収めた。そこに読売ジャイアンツのピッチャーだった馬場正平が入門する。

この入門のいきさつについてボクは漫画『プロレススーパースター列伝』情報しかなかったので(笑)、ジャイアンツの寮の風呂場でせっけんを踏んで転んで怪我をした馬場がプロ野球を辞めたんだとずっと思っていた。プロ野球選手としてはその体の大きさが奇異な目でみられ、登板機会を与えられなかった馬場の苦悩までは想像できなかった。

欧米人と比べても身体が大きい巨人症というだけでなく、プロ野球選手になれるほどの身体能力を持っていた馬場だからアメリカのプロレス界にも受け入れられた。しかもプロスポーツの世界での挫折を知っている馬場はショーマンシップの重要さも理解していた。だからこそ誰からも蛇蝎のように嫌われた王者バディ・ロジャースを認めることが出来たような気がした。身体だけでなくプロ根性も規格外のデカさだったのだ。

馬場はアメリカ遠征時代(日本風に言えば武者修行時代)に、すでに師匠力道山を越えていた。もしそのまま馬場がアメリカを主戦場としていたら日本のプロレスはどうなっていただろう。馬場自身の気持ちもそちらに傾いていたようなのだ。そうなっていたら全日本プロレスを立ち上げる必要もなく、高額なギャラを手にしながら全米をサーキットしていたはずだ。

馬場が日本に戻らなければ豊登らによる嫉妬もクーデターもなく、日本プロレスは静かに幕を降ろしていたかもしれない。あるいは猪木が成長し1トップとして日本のプロレスをけん引したかもしれない。しかし猪木もジェラシーを燃やす相手がおらず、アイデアを出す必要も感じず、ここまで魅力的なレスラーにはなれなかったかもしれない。

歴史にIFはないわけだが、力道山以降の日本のプロレスは馬場の決断にかかっていたことがこのノンフィクションを読むとよくわかる。そして馬場が律儀にも戻ってきたことで歴史の歯車が動き出したのだ。アメリカ時代の馬場を知ることが日本のプロレスを知るためには不可欠なのだ。

ボクが子どもの頃はまだプロレスは八百長か否かのような不毛な議論が巻き起こっていた。ある意味幸せな時代だったかもしれない。美しいウソ(物語)に人々は興奮(ヒート)するのであって、八百長かどうかなんて関係ない。ボクは大相撲の八百長論争も不毛だと思っている。おそよ興行には筋書があるものだ。それを認めるところからしか始まらない。それに対して文句を言い始める無粋なヒトとは議論にならない。

『1964年のジャイアント馬場』ではこのあたりもあっけらかんとしていて良かった。「勝ち負けなどどうでもいい。そんなものは初めから決まっているのだ」といった記述が随所に出てくる。中学生時代の空気を思い出すとあまりに身も蓋もない話だが、それでも物語として色褪せることなどない昭和のプロレスがボクが大好きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.15

片付け再開へ向けて

2月7日以降、片づけの話が出て来ていないと思いませんか(笑)。その通り!片付け作業がいったん止まってしまいました。毎週末片づけしかしてこなかった日々でしたが、いったん習慣を止めるとなかなか元には戻れないですな。

まぁ平日の疲れから土日はこれまで以上に怠惰に溜まった録画を見ていたり、一部屋がそれなりに片付いて気持ちがプッツリ切れてしまったりといろいろ原因はあるのですが、ともかく体が動かない、気力が遠のいたということです。ユーロダダすべりの特異な年なのでこのチャンスを逃すまいと昼夜逆転の生活をしているのが疲れの原因かもしれません。

しかしひと月も休息を取ればまた気分も変わります。そろそろ続きを始めるかという気分になってきました。そもそも昨年11月に始めた大片づけの心の最終目標(?)は3月末だったので、その目標期日が近づいてきたというのも気持ちの変化に一役買っているかもしれません。

もっともひと月のブランクを設けてしまったため、3月末に終了できるかどうかは微妙…。でもとにかく一歩踏み出そうと書籍が集積している部屋に足を踏み入れました。この書籍を売らなければ終われないわけです。

段ボール箱も大きいのが必要かと思い、本日百円ショップに買いに行ったのですが、段ボール箱は小さいのしか置いておらず、買わずに帰宅。今日の作業はこれでおしまい(笑)。

単行本用の段ボールはたくさんあるため、とりあえずそれに入るだけ入れていこうと計画中です。それに入らないサイズのものを何とかする必要がある。ネットショッピングで段ボールを買うかな。

最初は箱詰めしなくても取りに来てくれる古書店にする予定だったけど、ネット買取業者に変更したくなって、自分で箱詰めまではしておく必要が出て来て。この作業に嫌気がさしたらまた箱詰め不要な業者に変更するかも。

どっちでもいいんだけどなかなか決まらないのは書物を手放すという行為にあまり気乗りしてないからかなぁ。ただの怠惰な性格なのかなぁ。やらなくて済むならなにもしたくない(笑)。

たぶんこの作業には物語が不足してる。ボクの行動原理には物語が不可欠で、物語のない作業は何一つしたくない。それはイベント屋のサガといってもいいしアイデアの枯渇といってもいいけれど、何かそれによってオモシロが生まれる土壌が必要だ。ウソでもいいから物語を作り出さなければ作業に戻れない。そんな今日この頃でやんす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.07

映画「サムライフ」のいいとこわるいとこ

NHKドラマ「限界集落株式会社」の最終回が終わり、テレビでは「問題のあるレストラン」と「オサレもん」を見ている。それらをつなぐキーワードは女優松岡茉優だ(lovely)。

先日その流れで松岡茉優のブログを見ると映画「サムライフ」の森谷雄監督が「限界集落株式会社」のプロデューサだと書かれていた。「サムライフ」が第一回監督作品だとか。ちょうど水曜日で新宿武蔵野館は1000円デーだったので、これだけ条件がそろった日には見に行かなきゃ罰が当たると思い(笑)、新宿で見てきた。この映画が今年最初の映画館訪問となった。

この映画の最大の強みはこれが実話だというところだと思う。実在するNPOが作った学校があり、その学校を作った元教師ナガオカと若者たちの映画だ。その創立メンバーの若者のひとりを松岡茉優が演じた。「限界集落株式会社」で観た素朴な感じがここでも活きていたのは、監督が松岡茉優の魅力をよくわかってるということなのかもしれない。

学校を作るというテーマにも惹かれた。20世紀の終わり頃にボクはサドベリーバレースクールの存在を知って、日本にもこんなデモクラティックスクールがあったらいいなぁと思い、湘南に新しい公立学校を作り出す会の皆さんと交流していた。そのプロジェクトは昨年ひっそりと幕を降ろした。ボク自身は単なる外野でしかなかったが、日本各地で学校を作るという取組がなされ成功例も失敗例もたくさんあったと思う。

映画「サムライフ」は長野県の侍学園という学校を作った若者を描いている。主人公ナガオカはとにかくアグレッシブで、自分の理想の学校を作るために教員を辞め、資金作りのためバーを開店し自伝を自費出版する。そこに昔の教え子がやってきてその夢に賛同し、紆余曲折の後についに学校設立を成し遂げるのだ。

これがフィクションならまったく違って見えたと思うが、実話をもとにしているところが強い。原作となったナガオカの著書はちょっと読んでみたいと思った。映画では見えなかった部分も知りたいと思ったし、2004年に開校して10年間続いているというのが驚異的だ。いわゆる普通の学校とは違うのだろうし、サドベリーバレーとも違うようにも思う。長岡秀貴氏はいまや教育委員でもあるようなので行政や地域とも連携して運営できているのだろう。

映画としては正直それほど面白いとも思わなかった。素材はとても映画向きだと思うが、学校設立に邁進する主人公たちの話はいわば起業家のサクセスストーリーであり映画のテーマもそこにあるようだった。だがそこで描かれた様々なサイドストーリーがどうにも響いてこなかった。

預金通帳には725円しかないところからの起業といいつつ、無職になってから結婚し立派な家を建てオープンカーも買っての残金725円。これを背水の陣と言ってしまう感覚からちょっと違和感を感じた。それでいてバーを開く資金とか自費出版の資金とかそういう部分での金銭的な苦労は特に描かれない。預金はないわけだから両親から借りたのか仲間からの支援なのか、そこら辺をスルーして著書の印刷代を一か月待ってもらうシーンだけで苦労話とするのも違和感だった。

その後、不登校の家庭にカウンセラーとして赴くのだが、そこでのリストカッターの少女との交流も描き方が浅く最終的には(映画のなかで見る限りは)救うことも出来ず、単なるサクセスストーリーの裏話的エピソードのひとつとして処理される。それってどうなんだろう。あの少女はどうなってしまうんだろう。そんな思いとともに開校式のシーンを見た。

「いろんな失敗も繰り返しながらここまで来た」といった感無量系のエピソードは成功譚に必須だったにせよ、選ばれたエピソードで描かれる少女の闇の深さと映画での扱いの軽さとのバランスを欠いており、このエピソードをそれで終わらせて主人公のサクセスストーリーの過程における失敗談のひとつにしてしまう白々しさを感じた。

つまりこの映画は学校創設を描いているが教育の闇とか社会問題に深入りすることはなく、若者たちの成功譚としてだけが語られた印象だったのだ。それならそれでもっと描き方はほかにあったような気もするが、そこは原作に忠実だったのかもしれない。

そう考えるとこれが学校創設じゃなくても成立する。起業家の話は五万とある。教育問題が絡まないだけ他の業界の話のほうがこの成功譚の素材としては良かったかもしれないとも思った。いやフィクションのほうが映画としては面白く出来たかもしれない。そういう意味で感動はなかったが、しかし「実話である」という一点において意義はあると思った。情報としてこんな学校が存在することを知りたい人はいるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.01

問題のあるレストラン・オン・デマンド!

CXのドラマ「問題のあるレストラン」を第6話から見始めた。NHKドラマ「限界集落株式会社」の松岡茉優にはまった関係で(笑)、松岡茉優が出ているもう一つのドラマという理由からだ。ドラマの展開上、ちょうど6~7話は松岡茉優にスポットライトがあたる回だった。引きが強いねオレも。

しかし他の出演者、主演の真木“任侠筋子肌”よう子も好きな女優だし、二階堂“私の男”ふみも注目の女優だし、スキスキ女優アワード2015を開催したくなるほどの女優祭りドラマではないか(笑)。これに安藤サクラでもゲストで出てくれれば最高なのだが。

というわけで第1話から第5話までオンデマンドで見逃し購入することにした。いま第2話を見ているところだ。オンデマンド視聴っていいな。途中から見て面白かったドラマを遡って見られる。それも放映されているシーズン中に何度も見られるからドラマ評をするブロガーには非常にありがたいツールだ。

納得できるコンテンツに数百円払うことに躊躇はない。タバコを買うよりジュースを買うよりスナック菓子を買うよりよっぽど有益だ。もっとも見ながら食ったり飲んだりするわけだが。

もう少し踏み込んで考えるにこのドラマ、初回をオンタイムで見ていたら続けて見ようとは思わなかったかもしれない。初回のお涙ちょうだいオンパレードな展開はちょっと引いた。このフォーマットは見飽きているし、「またかよ」と思ったかもしれない。

しかし物語はフォーマットがすべてじゃないことも知ってる。誰が演じるか、どう演出されるか、時代の空気をどう反映しているか、どこに感情移入できるか、それらのシンクロ加減で変化する。

通常なら第1話から見始めてだんだん面白くなったりつまらなくなったりするわけだけど、オンデマンドが第三の道を開いてくれた。他のドラマで松岡茉優にはまって見始めたからこそ、このフォーマットにも入っていけたし、入っていければ面白いドラマは結構あるんだ。

唐突だが現代のプロ将棋では序盤・中盤・終盤のそれぞれに戦略が研究されているなかで序盤の研究が重要視されている。これをドラマに置き換えてみる。

ドラマにおいては視聴率のテコ入れのために中盤にゲストを入れてみたり、終盤では勝負ありとみて打ち切られたり、中盤から終盤においていろいろと模索されてきた。だが序盤の研究はどのくらいされているのだろう。タレントが朝のワイドショーや夜のバラエティにでて番宣をする。前半を週末にまとめて放映し「まだ間に合う」と煽る。それなりに効果はあると思う。

しかしオンデマンドで何度も見たくなる仕掛けではない。序盤に伏線を張ってもう一度確認してみたくなるといったストーリー展開も見てみたい気がする。かなりリスキーではあるけど、インド映画「きっと、うまくいく」のような伏線のオンパレードが見てみたいと思ったりした。

ドラマ花盛りの昨今、オンタイムですべて見るのはかなり難しい。しかしオンデマンドで見られると思えば気分は楽になる(wink)。世の中にはドラマ評があふれているし、ドラマ好きの評判を読んでから中盤を見て、納得すればオンデマンドで遡って見ることが出来る。これはとても効率がいい。

映画ではこういうことが昔から行われていた。映画評を見聞して見に行くのは普通だった。ドラマ視聴だけギャンブルする必要はもはやないわけだ。もちろん最初からモチベーションがあるときは最初から見ればいい。ボクも松岡茉優が主演だと聞けば必ず最初から見るだろう。

ただしテレビドラマの場合はスポンサーという絶対的な存在があり、スポンサーの期待とオンデマンド視聴とは構造的に矛盾している。誰もがオンデマンドで見始めたらスポンサーはカネを出さなくなるかもしれない。あるいはタイアップ商品の映し込みが横行するかもしれない。だが広告というものは時代とともに変化し、どのような方法でも侵入してくるものだからこちらはあまり気にする必要はないと思う。

面白いドラマを見たいという思いが世間にある間はスポンサーも消えないしドラマもなくならない。ドラマで才能あふれる俳優が見出されれば、それが広告の人材にも流れていくだろう。内容のいいドラマが女優を育てる。これは真理だと思うし、そうでなければ世の中楽しくないではないか。

まったく問題のあるレストランに触れてない。恐縮です。オンデマンドは素晴らしいというお話でした。問題のあるレストランといえばカルニチン堂の親会社は2013年に倒産してたんだなぁ。まぁ納得だけど問題のあった浦和店は続いてるようだ。意地で維持してるとしたら立派なもの。今度しらっと食べに行ってみるかな。

| | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »