« フィギュアスケートと音響と編曲についての雑感 | Main | 中島みゆきのシングル集『十二単』で勝手に妄想トーク »

2013.11.25

パリのトイレ問題顛末記

サヴォワ邸の使っちゃいけない方のトイレ

今回のパリ旅行でもっとも懸念していたのはトイレだ(笑)。人間、年を取るとトイレが近くなる。日本は公衆トイレ大国といってもいいほど、どこにでもトイレがある。それもきれいなトイレが。昔、ある女の子とドライブしたときに駐車場でトイレに行こうとして叱られた。どうして中にきれいなトイレがあるのに駐車場のトイレなんかに行くのかと。その想定外の美意識には感動すらしたものだ。

東洋人は西洋人に比べてトイレが近いという説もある。それで東洋のほうがトイレに関しては敏感であるというのだが、実際観光大国でありながら圧倒的に公衆トイレが少ないフランスを目の当たりにすると信じたくもなる説だ。

ガイドブックによると、パリでトイレに行きたくなったらカフェに入れと書かれている。カフェには大概地下トイレがあり、「アン カフェ スィルブプレ!」とコーヒーを1杯注文しつつトイレを借りろと。じゃあトイレの借り方をフランス語で書いとけよと思うのだが、書かれているガイドブックは皆無だった。

最近はパリの街中の公衆トイレが無料化されたという情報も読んだ。モンマルトルにもシャンゼリゼにも確かに公衆トイレらしきボックスがドーンとあった。しかし使い方がわからない。中に子どもが閉じ込められて自動洗浄用の水でずぶ濡れになったという記事もどこかで読んだ。夏なら試しても良かったがさすがに寒いパリで実験する勇気がなかった。

結果的にカフェのトイレも公衆便所も使うことはなかった。日本にいると結構トイレが近くなった気がするのだが、旅先だと気が張っているからか動き回っているからか、あまり日中トイレに行きたくなることがなかった。杞憂に終わって幸いだった。

日中行ったトイレは空港内のトイレとサヴォワ邸のトイレ、そしてベルシー体育館内のトイレくらいだった。後はホテルのトイレで事足りた。上の写真はサヴォワ邸のトイレだが、これは展示物であって使ってはならないトイレだ。観光客用のトイレは別にあった。

あらゆる駅に無料の公衆トイレがある日本という国はものすごいおもてなしの国かもしれない。でも西洋人はあまり使わないのかもしれない。

日本はトイレ大国としてこの路線をグローバルに展開すべきだ。ウォシュレットを全世界の観光地に輸出すべきだ。日本人観光客を誘致したい国にはトイレの改善が必須であることを説く必要がある。韓国旅行に行こうと誘ったある人は、トイレがウォシュレットじゃない国には行かないとまで言った。トイレは日本人の心のオアシスなのだ。

だが、それほど気にすることもないということをこのパリ旅行で感じた。あるいはまた、生理現象というのは人間をポジティブにする。どうしても行きたくなったらフランス語がしゃべれなくてもカフェに入って用を足すことだろう。それもまた旅の思い出になるような気がする。

|

« フィギュアスケートと音響と編曲についての雑感 | Main | 中島みゆきのシングル集『十二単』で勝手に妄想トーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/58644323

Listed below are links to weblogs that reference パリのトイレ問題顛末記:

» サヴォワ邸散策メモ ~世界遺産登録(目前)記念~ [ひとくちメモ]
世界中に点在するル・コルビュジエの建築を一括して世界遺産登録しようという取り組み [Read More]

Tracked on 2016.05.21 at 17:02

« フィギュアスケートと音響と編曲についての雑感 | Main | 中島みゆきのシングル集『十二単』で勝手に妄想トーク »