« 昼間から飲め!いや呑め!全部呑め! | Main | ドラマ「八日目の蝉」再放送も大人気 »

2011.06.03

偽名言『人間ウソついちゃいけません。でも宇宙人ウソつきます!』 鳩山由紀夫 #nisemeigen

腹が立つほど面白い。絶望的な面白さだ。宇宙人の鳩山は沖縄で何を言ったか。自分は人間じゃない宇宙人だからウソついてもかまわないとでもいうのか。米軍基地は国外、最低でも県外だったはずだろ。オレはあのウソで鳩山に「死ね」とまでいった(Twitterで直接)。政治生命を絶てと。

今回の茶番劇はこうだ。菅総理が「一定のメドがついたら若い人たちに責任を引き継ぎたい」と言ったら、これが辞任表明だってんでマスコミも色めきたった。その裏には鳩山元首相がいて、さらにその裏には平野元官房長官がいてこの発言をするギリギリまで調整していたようだ。

その菅総理の発言をうけて、鳩山は「二次補正予算決定後の6月辞任」と勝手に解釈、その後の記者会見で菅自身が「原発が冷温停止することが一定のメド」と言い放つと、岡田幹事長は「辞任表明ではない」と言い出し、鳩山は岡田に激怒し「人間ウソをいってはいけません」と発言した。というわけだ。

平野の名前が出てきた時点で、こりゃまたどーしようもない茶番になることがわかった。平野という政治家が出てきたらすべての話が茶番になる。

平野=茶番と覚えておけば間違いない。

岡田も出てきた頃は原理原則を貫く堅物ぶりがもてはやされたが、まったく原理原則のない日和見的性格なのに頭が固いだけという最悪の性格が露見してきた。我田引水の権化のような堅物だ。

岡田=我田引水と覚えておけば道をあやまらない。

そして菅だ。昔は応援もした。しかし総理大臣は務まらなかった。この期に及んで自分の出処進退を原発の冷温停止にからめてきた。冷温停止までなんていったら日本が沈没するまでと言っているようなものだ。

コイズミは自民党をぶっ壊すといいながら日本をぶっ壊していたが、菅はオレが日本を救うといいながらぶっ壊す。コイズミ時代ほどの余力がなくなっているから日本は持ちこたえられないかもしれない。

菅自身が冷温停止すべきだ!

イラ菅の頭を冷やせ!

|

« 昼間から飲め!いや呑め!全部呑め! | Main | ドラマ「八日目の蝉」再放送も大人気 »

Comments

わが家でも鳩山前総理の「人間ウソをいってはいけません」発言を聞いて、「お前が言うな!!」って、二人で突っ込んでしまいました。

Posted by: ピーちゃんの身元引受人 | 2011.06.03 at 16:14

結局、一度ウソつくとそこから先はウソにウソを重ねるしかなくなるという、子どもの躾みたいな話でトップリーダーを語らなきゃならないレベルなんですよね。いまの日本って。

日本はもう終わってるんじゃないかと思うことが前にも増して多くなりました。この現実は終末後のリリース期間なんじゃないかって。

現実的に国名が変わったり侵略されたりしてないからソフトランディングに見えるだけで、経済も政治も外交も終わってるんじゃないかって。

返せない借金、信用できない政治、日本抜きの国家間交渉、頼みの米国からも最終的には切られちゃいそう。そうなったとき、生活ってどうなるんだろう。

IMFが乗り込んでくるかと思ってたらあっちもトップがセクハラで捕まっちゃうし。ある意味神風...。

この大きな物語がプチってはじけちゃったとき日本って亡くなるんだろうか。超インフレが起きてコーヒー1杯3億円とかになっちゃうんだろうか。最後の首相は菅直人なんだろうか。終末思想には約10年の誤差があったんだろうか。

いろんな思い出が走馬灯のように蘇ってきます。バブルの時代を経験できてよかったなとか。まかりなりにも生活できてて海外旅行もできてよかったなとか。

とりあえずこれからはできるだけ美味しいものを食べて読みたかった本も出来る限り読んで観たかった映画も観て行きたかった旅行にも行って終末を迎えたいという思いでいっぱいです。

全部ウソになればいいんだけど。

Posted by: ポップンポール | 2011.06.03 at 22:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/51840964

Listed below are links to weblogs that reference 偽名言『人間ウソついちゃいけません。でも宇宙人ウソつきます!』 鳩山由紀夫 #nisemeigen :

« 昼間から飲め!いや呑め!全部呑め! | Main | ドラマ「八日目の蝉」再放送も大人気 »