« エネ法案先の先という平田健二も原発推進派 | トップページ | ピーター・フォーク逝く »

2011/06/26

小笠原諸島母島の波の音 その弐

二日前でしたか小笠原諸島が世界自然遺産に登録されました。私は2008年6月25日に母島へ旅行したのですが、早3年も経ってしまいました。今回は世界遺産となった記念に、前々からの懸案事項でしたhahajima waveの続編をアップしてみます。

昨日は小笠原諸島に続き、平泉文化が世界文化遺産に登録されましたね。私は高橋克彦さんのファンでもあるので平泉文化と聞くと荘厳な気分になります。ま、読むのはSF小説のほうなんですけど。

原発事故による自然破壊が進む我が国ですが、原発さえなければ世界に誇れるすばらしい自然と文化が根付いているのだと思います。それを原発人災事故の年に再認識するのが少し悔しいですが、これらの世界遺産を守れという世界から与えられた日本の責務、象徴となるニュースだったのではないでしょうか。

スライド写真ははっきり言ってつけたしです(笑)。バイノーラルで録音してきた波の音がメインです。イヤホンで聴いてください。

前回は石次郎海岸の音でしたが、今回は母島の北港です。石次郎海岸が万人受けするとすれば、北港は玄人好みじゃないでしょうか。とにかく静か。そして石ころの海岸です。

以前に1分間だけのショートヴァージョンをアップしてましたが、今回はフルヴァージョンです。

この日の天候はめまぐるしく変化しましたが、録音したときはザーザー降りの雨が止んだ直後でした。北港のいいところは桟橋があるところ。この動画でいいますと、1:44の写真の右下に写ってるところです。

ここに立つと全方位が波打ち際になるので、海の上に立っているかのようなポジションになります。ここでヘッドセットのバイノーラルマイクを使って録音してるので、波の音のバイノーラル感が出やすいです。

さらに石ころの海岸なので、凪の波打ち際で石ころに吸い込まれていく水の音が独特な感じで面白いです。録音してる最中は「もう少し波来いよ!」くらいに思っていたんですが、録音してみると本当に凪でちょうどいいなと思います。

また雨上がりを前向きに捉えるなら、小鳥が元気。雨の間は鳴かないけれど、雨上がりには待ってましたとばかりに鳥が歌い始めます。もっともそっちがうるさくなりすぎると邪魔なんですが、北港はいい塩梅でした。

もう港としては使われていない北港。クジラ漁が盛んだったころはここからも船がわんさか出港していったのかな?ひと気のない雨の港なんて演歌の世界ですが、録音にはもってこいのスポットでした。

またこの日、母島を北から南まで走ったレンタルバイクがものすごく気持ちよくて、帰宅後にスーパーカブ110を購入したわけです。またどこかの島をバイクで走りたいなと思って...。そんな記念の北港でした。

|

« エネ法案先の先という平田健二も原発推進派 | トップページ | ピーター・フォーク逝く »

コメント

北港の波の音。
スライド写真。
どちらも、とてもいいですね。

音は
波が石に当たって、揺らぎができて
チャプン、ポコンというところも
いいですし時々ザアっと強い波が寄せて
複雑で変化のあるところに魅かれます。

小鳥の鳴き声ものどかで
和ませてくれます。
鶯の鳴き声まで入ってて、ミラクルです。
付け足してないですよね?(笑)

写真は
本土にはない、樹木の繁り方だと
思いました。外国の森みたい。
それに空気の透明感が半端ないことが
色彩から伝わってきました。
曇り空の海でさえ濃淡が出ているところや
東屋の藁ぶき屋根から雨がおちているのもすごく美しい。
なにより風景の切り取り方に
私は詩情を感じました。

アップして頂いたお陰で
世界遺産となった小笠原諸島の大自然を
身近に感じる事ができました。
大きな海ガメが悠々としている姿なんて
まるで昔のおとぎ話の世界みたい。
このような場所が、まだ日本にあることが誇らしいですし、
皆で守っていかなくてはいけませんね。

投稿: KANNA | 2011/07/02 21:21

KANNAさんこんにちは。

鶯はこの季節けっこういましたね。他の鳥の声も聞き分けられるといいんですけど、なかなかわかりませんね。


写真はブログにアップすることを念頭に置いて撮ってるので、いかにもな構図になってるかもしれないです。

1:05の桑の木山の写真が気に入ってます。ジブリの森をイメージして撮ってみました。

また一本道が好きなので、そういう写真がいくつかあったりします。1:11の桑の木山から北港へ向かう道が気に入ってます。雨で霧が立ち込めてる感じで。

樹木も見るからに南国ですね。後半は南に下って遊歩道を2時間くらい歩いたんですけど、ジャングルでしたね。緯度が沖縄とほぼ同じだそうです。

同じ小笠原でも母島は父島から船で2時間かかりますし、野宿禁止なので宿のキャパシティ以上の観光客は上陸できませんので、父島よりもかなり落ち着いた雰囲気だと思います。ハイテンションで遊びにいくなら父島が良いと思いますよ。

私は静かでないとだめな録音のために行ったのと、なかなか行けないので母島まで行っちゃいました。

そんな母島でも外来種の影響でずいぶん固有種がダメージを受けているようです。意識して守らないと守れない自然ですね。

投稿: ポップンポール | 2011/07/03 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原諸島母島の波の音 その弐:

« エネ法案先の先という平田健二も原発推進派 | トップページ | ピーター・フォーク逝く »