« アバター | Main | サマータイム・ブルースが聴こえた!小説吉田拓郎 »

2009.08.01

納車へのカウントダウン!

納車までのカウントダウンがはじまったsign03 本日、電話で実車があることを確認しホンダドリームに向かった。もちろん印鑑持って(笑)。

話しは逸れるが、後払いのバスに乗ったのは何年ぶりだろう。suicaで支払えるのは知っていたが(^-^;)、乗ったときにも読み取らせなければならないとはしらなんだ...。都内は先払いだから読み取らせるの一回でいいけど、埼玉では距離別料金だから昇降時にそれぞれsuicaを読み取らせる必要があるんだね。思わず緊張してしまった(笑)。

ホンダドリームには青カブさんと緑カブさんと揃ってあった。緑カブを買うことに決めていたので、とりあえず緑カブのシートに座ってみた。

シートはさすがに長時間乗ってると疲れそう。足まわりもちょっと窮屈な感じ。だけど、そういう細かい部分は買ってから徐々に考えればいい(>かな?)。そのバイクが110ccのスーパーカブだってことが大切なのだ。

即決した。オプションには純正のビジネスボックスをつけることに。とりあえず58リットルの容積は魅力的だったので。このビジネスボックスがそのうちステッカーで埋め尽くされるといいなぁ。

納車日は結構早くも出来たけど、夏の旅行から帰った後に設定した。あったりまえだけど自分で運転して持ち帰らねばならない(笑)。もう今から緊張してます。出来るだけ車のいない道で練習しながら帰らねば!

ひとくちに初心者などというが、免許取り立ての初心者というのは結構大丈夫なのだ。免許取る過程でバイクに乗ってるから身体が覚えてる。でも21年目の51cc以上の二輪車かつ初オーナーという初心者は自慢じゃないがただの初心者とはワケが違うぞ。もうあの頃の身体能力はなくなってる。

保険などの手続きが済み、最後に「何か確認しておきたいことは?」と聞かれて「納車のときには運転をちゃんと教えてください!」と言ってしまった(笑)。さらに気持ちが高揚しているので、去年50ccのスクーターに乗って二輪車に目覚めた話をはじめてしまった...。そんなオレの思い出話を確認してどーする(coldsweats01

ひとくちメモにも新たに「SUPER CUB 110」というカテゴリを設けた。とにもかくにも、いよいよスーパーカブ生活がはじまる。初ガソリンスタンドでも緊張しそうだな(笑)。初交差点右折とか。最初は全部左折で行こうかなとか...。

インプレという言葉も知らなかった初心者だが視点だけはマニアックな私ポップンポールによる“インプレッション”が出来るかどうか。納車までのカウントダウンは新しい自分探しの旅へのカウントダウンでもあるのだー。

|

« アバター | Main | サマータイム・ブルースが聴こえた!小説吉田拓郎 »

Comments

おぉお~
たのしみですね!
カスタマイズはするのかな?
ポップン風にアダパーはりつけてみては?
昔のタミヤ模型のモコチャン風に。
(しらないか?)

わたしもキャノピーを
所さんの世田谷ベース風に艶消し水色で
塗装したい欲求がありますが、
一応会社の乗り物なんでグッとこらえてます。

シェルパ斎藤さん
よくログハウスの雑誌やらに寄稿されていて
独自の生活感で面白いなぁと思っています。
カブにも一家言あるとは。。

Posted by: 八郎右衛門 | 2009.08.03 at 09:07

カスタムは当分しないですね。とりあえず普通に走るのが最大の課題なので(coldsweats01)。

モコチャンは知らないなぁ。でも名前は付けないといけないかなぁ(笑)。

水色キャノピーはいいかもしんない。
会社名とかも入れちゃって。

水色のカブってのもありますよ。種子島高校の生徒がデザイン!すごくいいです。さすがカブで通学してるだけあって愛着を感じます。

シェルパ斉藤さんご存知でしたか。アウトドア系雑誌ではおなじみみたいですね。

カブでのスローな旅を雑誌に連載されてたのが今回単行本化されたみたいです。

熊の出没する宿とか電話のない宿に往復はがきで予約してカブで行っちゃたり、前半から面白い本でしたよ。

Posted by: ポップンポール | 2009.08.04 at 07:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/45804379

Listed below are links to weblogs that reference 納車へのカウントダウン!:

« アバター | Main | サマータイム・ブルースが聴こえた!小説吉田拓郎 »