« 夏旅2009(1) 波乱の幕開け | Main | 夏旅2009(3) 豪雨の四国を激走 »

2009.08.21

夏旅2009(2) 大阪で作戦会議

ようやく梅田でM氏をピックアップ。おりしもこの日はなにわ淀川花火大会が開催されており、市内も大渋滞だった。赤信号で止まっていると後ろであがった打ち上げ花火が、目の前の交差点の先にあるガラス張りのビルに反射していた。この不思議な光景が多少気持ちを落ち着かせてくれた。

ビルに映る花火

ビルに映る花火」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

渋滞中に取れた東横インへ到着し、とりあえず飲み会。ホテルの近所にあった「王道居酒屋のりを」へ。激安だが結構うまいいい店だった。店員さんがキビキビしていて、しかもノリがいい。さすがのりをだ(>ダジャレかよ!)。

フェリーに乗れなかったなんて最悪の日にへんな(たとえば高知のくろしお市場的な)居酒屋だったらどうしてくれようかと思っていたが満足満足。

満足したのはいいが皆さんお疲れ&酔っ払ってしまい、なかなか作戦会議が出来ない。東横インに戻ってインターネットで翌日以降のルートを練り直す。フェリーなしでの宮崎行きはロスがでかい。この時点で宮崎行きはなくなった。石井十次よ、さようならー。

陸路で行くにしても目標が必要だ。どんな小隊でも非常事態に目標を見失ったら迷走するだけなのだ。なにか理にかなった目標が必要だと思った。そこで苦労をかけたM氏の行きたがっていた臼杵市を次の目標に定めた。

日本映画通のM氏は大林宣彦監督ファンであり、九州旅行と決まってまず出てきた地名が「なごり雪」の舞台、臼杵だったのだ。食べ物としても関アジ・関サバのメッカであり申し分ない。そもそも宮崎入りして3日目あたりに行く予定にしていたので、その後の行程も組みやすい。

臼杵市を目指すと決まったら次はルートだ。こちらは結構すぐ決まった。最短で行くには四国の高速道路を飛ばして、四国西端の八幡浜か佐田岬半島からフェリーに乗るのがベストだろう。中国地方の高速道路も渋滞に違いない。あとは時間との戦いだ。とりあえず翌朝は四国西端へ向かい、フェリーに乗れなければそこで一泊すればいい。それでも臼杵市へ入る日程は最初の計画通りだ。この案で決定した。

|

« 夏旅2009(1) 波乱の幕開け | Main | 夏旅2009(3) 豪雨の四国を激走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/45988761

Listed below are links to weblogs that reference 夏旅2009(2) 大阪で作戦会議:

» 中国旅行の注意事項 [中国旅行の注意事項]
中国旅行をするにあたっての注意事項を説明しています。 日本と中国には日常的な事での違いは沢山ありますので、事前に調べておくと、中国旅行もスムーズなものになると思います。 [Read More]

Tracked on 2009.08.21 at 23:20

» 中国旅行の観光スポットめぐり [中国旅行の観光スポットめぐり]
中国旅行の際などに訪れる世界遺産や都市を絞りきるのは難しいのですが、 中国旅行の定番、人気のスポットと言えばどのような場所があるのでしょうか。 [Read More]

Tracked on 2009.08.30 at 21:15

« 夏旅2009(1) 波乱の幕開け | Main | 夏旅2009(3) 豪雨の四国を激走 »