« スープ切れ | Main | 新潮選書フェアで学問について考えた »

2009.07.11

麻生が惜敗を期す都議選投開票へ!

個人的に今年の流行語大賞に推したい麻生首相の「惜敗を期して」発言で俄然盛り上がってる東京都議選がいよいよ明日投開票だ。今回の都議会選挙は久しぶりに選挙らしい選挙になりそうだ。都民じゃないけれど注目している。

それにしても「惜敗を期して」ってすごい挨拶だったなぁ。「前回は僅差で惜敗を喫して」って部分の漢字を覚えるのに一所懸命だったのかもしれない。それが言えたのでホッとして「今回は惜敗を期して」って言っちゃったのかも。喫してと期してって似てるし。ま文脈とか意味とか立場とか、結局なーんも見えてないだけの人なんだけど。

でも本気で惜敗に終えたいのが自民党の真意ではあろう。民主党も自民党も58人ずつ同数の候補者だというじゃないか。明暗がわかりやすい。また党員が増加している共産党も40人立ってるから、現在の13人から大幅アップすれば対抗軸としての影響力大だ。

また今回は争点もわかりやすい。何の役にも立たなかったギャンブル都政の象徴「新銀行東京」に対してYesかNoか。都民が損切りできるかどうかの一票になる。1100億円以上をドブに捨てた東京都がまだまだ捨て続けるのかどうか。

すでに不在者投票で大勢は決まっているかもしれないが、日曜の開票が楽しみな選挙だ。今年は衆議院選挙もあるし、娯楽としての選挙という視点でもへたなドラマや映画よりも面白くなりそうだ。ただ楽しめば終わりじゃないのが選挙の重さ。生活と密着している。楽しみつつ頭で考える必要がある。知的興奮を政治に持ち込むと政治はもっと楽しめる。

麻生がサミットから帰ってきたって。

へー案外家庭的なところあるんだ。

スーパーのサミットじゃないって!

|

« スープ切れ | Main | 新潮選書フェアで学問について考えた »

Comments

都議選の開票
おもしろかったですね~
特に前半。
おもいっきり大差で自民が負けてた。

さらに
麻生さん今日昼ごはん食べてたら
ニュース速報でて
解散発表

うごいたなぁ。

一回民主に政権取らせて、
特別予算枠とかの(おそらくめちゃくちゃな)
予算の使い道、無駄な税金を
きっちり公表させて
たまりにたまった膿を出した方が良いと思いますね。

政権担当能力云々はべつにしても。


麻生おろしといても
ポスト麻生不在だし、
見苦しくないですか?
自分たちで決めた総裁を
手のひら返したように足引っ張るの。。
そういう覚悟で投票したんじゃないの?

ポールさん
出馬したらいかがでしょう?
応援しますよ~
ウグイス嬢として。

Posted by: 八郎右エ門 | 2009.07.13 at 20:58

中選挙区制だったから、大敗しても10議席減程度で公明党は全議席確保。微妙な勢力バランスになっちゃいましたねぇ。

共産党と生活ネットの票が民主に流れたのか浮動票に負けたのかわかりませんが、せめて現有議席確保して欲しかったです。

でもこれで新ギャンブル銀行東京をつぶして築地市場を守ることが出来れば目に見える成果なので、今後はそこに注目ですね。

国政のほうはもうダッチロールが延々つづいているので、麻生がいまさら解散って言っても自己満足なだけかなぁ。

個人的には民主党政権には複式簿記の導入を検討して欲しいです。いま日本は単式簿記(おこずかい帳)で運営されてるので、損を理解できないんですよねぇ。出納帳をちゃんとするのが財政の基本だと思うんですけどね。

システムを換えるのが一番大事だと思いますね。ムダを省くことが官僚の人事評価につながればムダはなくなるわけで。利権は無くならないかもしれないけれど、その矛先を変えて国民に優しい政治が利権とつながるならいいと思ったり。

>出馬したらいかがでしょう?

実家でルイボスティー飲んでたとき親からもいつ出馬するのかって聞かれたなぁ。しないっつーの(笑)。ウグイス嬢もいいなぁ。ボクの師匠が民主党から出馬してるので応援に行きたいのはやまやまなんですけどねぇ。なにぶんワタクシ、スロースターターなもので...。

Posted by: ポップンポール | 2009.07.14 at 07:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/45603730

Listed below are links to weblogs that reference 麻生が惜敗を期す都議選投開票へ!:

« スープ切れ | Main | 新潮選書フェアで学問について考えた »