« 忌野清志郎完全復活祭でボクも復活 | Main | 法務大臣ってなに? »

2008.02.14

28日後は悲劇、28週後は喜劇?

映画「28週後...」を観るために、下準備として「28日後...」のDVDを購入してホームシアターで観た。「28週後...」は単独でも充分見ごたえはあるが、やはり2002年公開の「28日後...」で前提となった世界を頭に入れておくと鑑賞にも深みが出てくる。特にエンディングへの賛否とか。

●28日後...
「28日後...」も「28週後...」もいわゆるホラー映画だと宣伝されている。ホラー映画をほとんど観ないオレが観たいと思ったのは、週刊金曜日(2008/1/25号)に映画評が載っていたから。週刊金曜日でホラー映画の書評なんて、興味深かった。

実際DVDで「28日後...」を観ると、これはホラーというよりホラー要素もありの社会派かつスプラッタかつバイオレンスかつSFサスペンスかつ...、なんとも分類不能で上出来な映画だった。ダニー・ボイル監督(トレインスポッティング)の復活作品といわれただけのことはある。この分類不可能さ加減、個人的にはベルギー映画「ありふれた事件」と同じカテゴリに入れたいのだが違和感を抱かれるかな???

ちょうど1月12,13日放映のNHKスペシャルで最強ウイルスを興味深くみた後だったので、ウイルスによるパンデミックの恐怖は身近な問題でもあった。もっとも「28日後...」はすぐに人から人に感染して、いきなり120%凶暴な野獣と化し、全速力で走り始めるのだが...。

映画は誰もいなくなったロンドンから始まる。このロケは大変だっただろうな。警察と行政の協力なしにこんな映像は撮れないぞ。静かなロンドン市街から、やがて感染者と非感染者との壮絶なバトル(鬼ごっこ)が始まっていく。

「28日後...」のラストは個人的には好きな終わり方だった。こういう終わり方はホラー映画とは違うだろうと思ったが、DVDの特典映像で別のシナリオも用意されていたことが明かされ、ストーリーボードを観ることが出来る。まったく異なる終わり方で、そっちのほうがホラー映画っぽかった。だが映画化されたラストのほうが映画として断然出来がいいと思う。このDVDが2000円以下で入手できるのはお得感ありだ。

●28週後...
で、続編の「28週後...」だ。ひとことで言えば、お騒がせハリス一家のドタバタバイオレンスムービー(笑)。邦題は「ハリスの旋風」でもよかったかも...。

父母姉妹のいたって普通の4人家族が主人公なのだが、この4人がそれぞれまったく異なるお騒がせの種となってしまう。まったく人騒がせな家族だよ。

感染者が完全に死に絶え、ロンドンの復興が始まるという設定。なるほど、あそこまでひどい世界になってもふるさとに帰りたいものなんだな。

安全は米軍が担保しているわけだけど、まぁハリス家のせいでまたロンドンが地獄絵図と化して行く。しかも今回は感染者殲滅のために、非常事態宣言が出て一般人もすべて撃ち殺せ、ロンドンを焼き尽くせって展開に...。

アクションは大掛かりになった。でもラストはどうにもこうにも。ホラー映画っぽいっていえば今回のラストもアリだけど実も蓋もないというかなんというか。最後までハリス家が世界を震撼させちゃうわけね。

この映画は2回楽しめる。一回目は悲劇として。2回目はドタバタコメディとして。マルクスみたいだけど(笑)。

一回目の悲劇は、イギリス=島国でのパンデミックがテーマだってこと。日本にも置き換え可能なだけにリアリティのある話題だ。二回目のコメディ的鑑賞ではハリス一家にツッコミまくって観ると楽しい。

あと一般人の男性が極限状態でいかに情けなくかつ卑怯な人類であるかもイタイくらいに描かれてる。でも軍人ドイル軍曹はめっちゃカッコよく描かれたりもする。そんなドイル軍曹のかっこよさが完全に裏切られるのも悲劇であり喜劇だ。

個人的には前作「28日後...」のほうが作品として練られているように思ったが、映画としては「28週後...」も派手で面白い。予算の差か?そして続編28ヶ月後もあるのか?28年後とか。「28週後...」があんな終わり方じゃ、その後はないかなぁ。

|

« 忌野清志郎完全復活祭でボクも復活 | Main | 法務大臣ってなに? »

Comments

この記事が今日いきなり猛烈なアクセス数になっていて、ウィルスの攻撃かと思ったら、テレビ東京の「午後のロードショー」で28週後が放送されたんですね。よかったウイルス攻撃じゃなくて。

お昼時にまったく似合わない映画だと思ったけどこの猛烈なアクセス数を見るとあながちお昼時でも大丈夫だったってことなのかな?まぁ「ハリス一家の珍騒動」ってコメディ映画ともいえるからなぁ(笑)

Posted by: ポップンポール | 2012.02.09 at 22:28

今日もこの記事にアクセスが集中していて、検索ワードを見ると「28ヶ月後」が多かった。第三弾にクランクインしたというのは風の噂に聞いたけどまさかそろそろ公開されるのか???

それにしても28日後って映画は今でも人気あるんだな。人を引き付ける何かを持ってるんだろうな。

Posted by: ポップンポール | 2016.06.15 at 19:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/40113324

Listed below are links to weblogs that reference 28日後は悲劇、28週後は喜劇?:

» 28週後−(映画:2008年14本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ 出演:ロバート・カーライル、キャサリン・マコーマック、イモージェン・プーツ、マッキントッシュ・マグルトン 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります) おかしい、この映画は随分前にDVDで見たはずだ。 そん...... [Read More]

Tracked on 2008.02.15 at 21:51

« 忌野清志郎完全復活祭でボクも復活 | Main | 法務大臣ってなに? »