« October 2007 | Main | December 2007 »

17 posts from November 2007

2007.11.28

非常にきな臭い

昨日からニュース番組がおかしい。香川県の殺人事件は大きなニュースではある。しかしマスコミの過剰反応はちょっと異常だ。身内が記者会見したりして。そして本日、前防衛省事務次官守屋逮捕。こっちは口封じか?どうにもきな臭い感じがする。巨悪がちょっとずつ視界から遠ざかっていく感じ...。煙幕としての殺人事件報道。政治面が社会面にかき消されていく感じ...。不気味な国ニッポン。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロンハーで大橋アナ第一位

昨日のロンドンハーツで、芸人が選ぶ付き合いたい女子アナランキング第一位は、予想通り大橋美歩アナ(テレ東)だった!まさにやりすぎコージーがテレビ朝日のゴールデンを制圧(笑)。このネタ、やりすぎで触れますかね!?

他にも上位に、堂ちゃん(テレ朝)とか前田アナ(テレ朝)が入っている。これは芸人が結局天然素朴キャラに弱い(笑)ことを裏付ける貴重なデータだ。ただ高島彩(CX)、小林麻耶(TBS)が2,3位を占めるあたりは素人と変わらないぞ!

わたしもココログ芸人なので聞かれてないけど一人あげとくならば、残念ながら(?)圏外だった松丸アナ(テレ東)に一票!

ゴッドタンで初ドッキリを仕掛けられていたときの松丸アナ(現役女子アナの妄想キッスとかとめられるまでヤングマンを踊ってる様)を見ていれば、その天然ぶりで確実に票が伸びていたと思われ。

先輩の大橋アナからも「松丸、面白すぎ!!」というメールが届いたそうだ。ちなみに深夜の天使たち(笑)のライバル大木アナ(テレ朝)は14位だった。松丸アナがんばれ(ってこのランキングでじゃなく...)。イチオシです!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2007.11.24

いいもの聴かせてもらったぜギョーテック!

作詞:ポップンポール 作曲:藤井隆

♪毎週 撮り溜めてたーけーどー
まさか作詞業を採り上げるなんてー
ギョーテック!

というわけで、松本隆先生作詞「セツナイ刹那」を替え歌にしてしまいました。

いやー、まさかこんな展開になるとはっ!さすが藤井隆は松本ファミリーだねぇ。「ギョーテック」とは業界テクニックのこと。さまざまな業界に活かされているテクニックを紹介するという社会見学番組です。

でもギョーテックで作詞業ってアナタ!ほしたら漫才業で西川きよし師匠も出せるし、歌手業で和田アキ子とか、ソムリエ業で田崎信也とか、なんでも誰でも呼べるぞ。いや、この幅広さがいいっすね。

それにしても、松本隆先生バラエティ初出演は貴重な映像でした。「ボクの詞には気持ちが全部書いてあるから、歌に感情こめなくていい」とか、すごいこというなぁ。

ヒットの殿堂入りする人は本物の相場師と同じで「人の行く裏に道あり花の山」ってのを体現できる人なんだ。沁みるねぇ。メモしとこ。...ってメモしちゃいけないんだってさー。覚えてないようなフレーズなんてインパクトがないんだから、捨てていいってさー。さすがだなぁ。

ひとくちメモはメモが命なんだけど(^_^;)。でもまぁメモもせず生きてきて記憶に残っている話をようやく披露できる場=ひとくちメモなんだからいいか。

ちなみに「タモリ倶楽部」と「ギョーテック」は毎週録画しております。ちなみにドラマ以外で毎週録画中なのは、この2つ以外にはTBSの「がっちりマンデー」とテレ朝の「いいはなシーサー」、スカパーテレ朝チャンネルの「ダチョ・リブレ」です。テレ朝が4つも!なんでか好きなテレ朝(笑)。

「いいはなシーサー」もいい!相田さん大好きさー!ボクは昔あだ名でビギンと呼ばれていた時代もあるので(そう呼んでたのはK嬢だけだったが)、なんだかこの番組見てると自分が相田さんと話している気分になる。ボクにとってはこれいい話なんだけど、他人が読むと気味悪いよね(笑)。

♪後半 話題が逸れ始めた
でもそれがひとくちメモの 持ち味なのー ギョーテック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.23

ヨガマットは究極の受験グッズか!?

ヨガマットを買った。ヨガをするためだ。晴れてフローリングの床に敷いてみた。

すごい!滑らない!なんだこの滑らなさ加減は。これ受験グッズで売ったらいい(笑)。東京大学絶対合格!ってでっかく印字したヨガマットとか(>出したらアイデア料10%くれっ!)。そして軽い!軽々合格できそうだ。さらに集中力を高めるポーズとか合格のポーズとかいろいろ作って、合格祈願ヨガセットって、いいじゃない!?

それにしても滑らない。ビリーズブートキャンプ用にヨガマットを購入する人がかなりいるのもわかる気がする。神秘的な滑らなさ加減だ。はじめてだったので結構感動。ほんと受験の季節にご子息に一枚どうですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.19

ポイント使って物欲三昧!

この間からPHS機種変更したり時計買ったりメガネレンズ買ったり、なんだか今年の秋冬は物入りです!でもFXをやっているせいでポイント溜まりまくりなので、ほとんど懐は痛んでいないのがうれしいっ。

ボクの使ってるFX業者は決済手数料に対して5%のポイントがつく業者です。ポイント自体はその業者のオリジナルポイントなのですが、他社ポイントへの変換手順を3つくらい経由させると楽天ポイントに出来るのです(多少目減りしますが)。ボクみたいにスウィングトレードをしてると決済も結構頻繁にするので、ポイントは割りとすぐ溜まります。

FXっていわゆる普通の生活とは次元の異なる規模のお金の動かし方をするでしょ。だから相場の世界から現実世界に降りてくると、余計にそのポイントのリアルな大きさが実感できたりしてうれしいものなのです。たとえ相場で勝たないでプラマイゼロでも決済ポイントはつくわけで(損してもつく...)。日常生活はポイントをうまく使って節約節約!

ただポイント変換に時間がかかるのがたまにきず!もっと迅速にポイント変換できたらいいんだけど。計画的にやらなければなりません。

そんなポイントで、今回は普段買わなさそうなモノを3つ購入してみました。

ひとつは、モッフルメーカー!ついに購入しちゃったよ!
(っていま発注したばかりだけど)
ひとつは、ジェリー・ロペスのヨガDVD
ひとつは、ヨガマット(パープル)

です。唐突ですが、ボク、ヨガをはじめることにしました(笑)。

これら三つには共通点があって、それは「健康!」です。

モッフルってのはお餅をワッフルのように焼いたもの。外はカリカリ、なかはモチモチの新食感らしいです。まえに雑誌で読んで以来、必ず買おうと思ってました。お餅は腹持ちもいいし、カロリーも少なめです。

特にしゃぶしゃぶ餅という薄くスライスされた市販のお餅を使うと、いろんな食材を挟むことが出来ます。何でも挟めそう!知的好奇心を刺激するなぁ。近所のスーパーにしゃぶしゃぶ餅が置いてあるかどうかもチェック済みさー(笑)。これから年末年始はモッフル三昧さー!(実家に持って帰るかどうかは届いてから考える)

そしてヨガ!なんで唐突にとお思いか?夏にサーフィンにはまったって書きましたよね。そのときジェリー・ロペスさんについていろいろ読むうちに、相場の波乗りとサーフィンとは精神レベルの強さとしなやかさとバランス感覚がかなり近いことを悟ったわけです。

そこで、さらにメンタルを鍛えるには、ジェリー・ロペス師匠についてヨガの呼吸法をマスターするのがいいのではないかと思い立った次第です。へんてこなスピリチュアルセミナーとかにはまるのは気持ち悪いし怖いので、ヨガでヨガったヨガった(笑)。

ついでにヨガは身体にもよさそうだし。運動しなきゃと思っていたし、医者にも毎年言われるので、ここはひとつバランスボール+ヨガというのが、身体にも相場にも良い影響を与えてくれるかなと考えました。そんなハードなことやりません。精神統一、リラクゼーション、そういう意味合いもあります。もともとストレッチ好きなんで。

ヨガマットの色がなぜパープルなのか。それはジェリー・ロペス師匠のDVDジャケ写真を見ると、師匠がパープル使ってたからっ!かなりミーハーだけど。最初はなんでもマネしてみるっての、あらゆる入門者の基本じゃないっすか。その軽いノリが大切なんです。そうやって生きてきたんだもの!

それぞれの使い勝手等はまたおいおい書きたいと思います。ヨガの話題がフェードアウトしても、深く聞かないでください!(>もう予防線はってんのかよ!)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.11.17

ビバれんず屋!&ブラボー大盛軒!

昨日眼科で、今日はメガネ屋!と思っていたのだが、めがね初心者でケチケチ坊主のボクちん、レンズ交換だけできないものかとググってみた。

持ってるフレームは昔サッカーの中田英寿がしていたナイキのヤツ。買った当時3万円くらいだったが1本目は折れて二本目だった。だがレンズ度数があわなくなりずっと眠らせていたのだ。レンズだけ換えて使いたいと思うのが普通じゃないか?

そしてみつけたのが「メガネレンズの専門店れんず屋」さんだった!

なんでもレンズ専門店で、日本初!フレームのないメガネ店とも書かれている。しかも、ボクちんのためにあるような(いや現代人のためだな)パソコンレンズなんてお品書きがあるではないかっ!

通信販売もやっている(楽天のれんず屋さんはこちら!)けれど、店舗を探すと神田神保町にあるではないかっ!こりゃ行くしかないと思い、本日訪問した。

店内は明るく、さまざまなレンズが陳列されていて面白い。レンズにこだわるとメガネへの愛着も深まるというものだ。度が進んだらレンズだけ交換する。しごくまっとうな理屈だ。もったいないの精神は尊いぞ(^-^)。

店員さんもみなさん親切だった。またレンズの在庫も豊富で、フレーム持込でレンズの特殊加工なしだと30分程度で持ち帰れる。しばし近所の上島珈琲店でうまいコーヒーをすすりながら待ち、換えたメガネをかけて帰った。視界良好だ!

パソコンレンズは大変いい。目の負担はずいぶん軽減されているように感じる。毎日10時間パソコンと向き合い、さらに免許証の更新にもパスしなければならないというボクちんの望みをかなえてくれそうだ。しかもフレーム使いまわしで!

メガネの交換を考えるときには、ぜひ一度訪れてみてはいかが?都内に4店舗くらいあるようだ。フレームは好きなものを好きな店で購入し、レンズはレンズ専門店で自分専用の設計をしてもらうといったゴージャスなオリジナルメガネも可能だろう。これから何度も訪問することになりそうだ!

メガネを変えた後は、夕飯を食いになぜか東中野まで足を伸ばし、大盛軒という定食屋さんへ。ここの「鉄板麺」はすごい!鉄板の焼肉とご飯と半ラーメンで800円。しかも追加料金でそれぞれを大盛りに出来る。今回は肉だけ大盛りにした。

熱々の鉄板に野菜と肉が乗っていて、そこに生卵を割り入れて、揚げニンニクとタバスコをガンガンいれて混ぜる。かなりジャンキーな感じだがうまい!お酢の効き具合が食欲をそそるんだな。タバスコはかなり入れても辛さより旨みが勝ってる。半ラーメンはスープ的な役割を果たす。絶妙だぜよ。

この店、このボリュームとこの味ならワイキキのアラモアナフードコートに出店しても成功できると思うな。明大中野の生徒がうらやましい(笑)。食ったら運動しろよ!

いやー、今日は2店とも初めてだったがいい店でよかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

桃子クンに高田渡を聴かせたい!

昨夜のモップガールもなかなかよかった。主演の北川景子さんはモデル出身とは思えないコメディエンヌぶりですな。前途洋々ではないでしょうか。顔立ちもテレ朝好みだし!

この時間のテレ朝ドラマは只野仁といい、時効警察といい、ゆるい仲にも礼儀ありっつーか(笑)、エスプリが効いてるっつーか、ちょーどいい湯加減でしたけれど、モップガールも定番化できそうな予感ビシバシです。でも、ま、モップガールは若気の至り的スタンスだから、複数シーズン化は難しいか?桃子が島耕作のように出世していっても、なんだかだしな(笑)。

となると、北川景子のコメディエンヌぶりをいろんな役柄で見せてくれるシリーズという方向性が正解なのかもしれないな。テレ朝の編成になーんも影響力のない一視聴者の意見ですがっ!

ROOTS MUSIC DVD COLLECTION VOL.2 高田渡それはそうと、昨夜のエンディング近辺に気になるやり取りが!ローランサンですよ。ローランサンさん!ローランサンの詩ですよ。ここでこの詩が出てくるなんて、思いもよらなかった。こりゃ呼ばれたな、オレ(笑)。

ひとくちメモでは、2004年に「オレンジデイズ」の茜と櫂くんにボブ・ディランを教えました。はたまた、2005年には「エンジン」の小雪に吉田拓郎を教えたさー。そしてついにドラマのキャラに偉大なるミュージシャンを教えるシリーズ三部作完結のときがやってきたのだ!自己満足って言うな(笑)。

モップガール、長谷川桃子クン!ローランサンはローランさんじゃない。君は道明寺司かっ!それはいいとして、ローランサンのあの「鎮静剤」って詩は、故・高田渡が曲をつけ、ライブでもかなり高頻度で歌われていた名曲です!

あわれな女がさらにあわれな女とはどういう女かを延々と繰り返し、どこまで堕ちていくんだろう...と陰鬱な気分にさせられてしまう。クラリネットこわしちゃったと同じ構造です(^_^;)。

でもクラリネットこわしちゃったのほうは、オマエ呑気に歌ってる場合か!って感じですが、ローランサンの鎮静剤はジーンと来てしまう。

実は夏木マリも歌ってる。女優としての北川景子さんにもぜひ聴いてほしい歌だ。女優にこそ必要な歌であり詩だと思う。お、ドラマの内容に戻ったね。今回のモップガールは女優魂燃えたぎる女の話。そのラストに意味のある引用だったと思った次第。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.11.16

初眼科

今日は歯科と眼科をはしごした。歯はいたって健康で、前にかぶせてもらった部分が取れたのではめてもらった。ついでにレントゲンをとってもらった。4本の親知らずをはじめて見た!

その後、眼科へ。視力の低下が激しい。毎日10時間程度はディスプレイに向かってるため、目が完全に近視化していた。

ネガネがネガネの機能を果たしてない。裸眼で0.1くらい。ネガネで0.3くらいだった!しかし近くの文字は異様によく見える。オレの目は完全に肉体改造されているようだ(笑)。

子どものころは遠くを見ることに命をかけていた。2.0は見えて当たり前だった。視力検査はあらゆる学校の試験のなかで最重要課題だった。それが見えなくなってきたのは、やはりWindowsの登場以降のように思う。

人生で初めての目医者さんは、なんだかカンタンに済んだ。こうして人はみな大人になり、医者や病院になれていくんだな(笑)。めがね屋での検査と大差なかったが、他に異常がないこともわかってほっとした。

とりあえず処方箋をもらったので、免許更新までにメガネを変えなくては!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.14

FXでカギ足って使ってますか?

クロス円急落からいきなり急騰の戻り相場へ。こりゃデイトレ組には楽しいかもしれないけれど、結構キッツイ展開かもしれないですね。居心地のいいレンジを探る相場になるかもしれない。

こんなとき見ると面白いのが「カギ足」です。カギ足を使ってFXをやっている人ってあまり聞かないけど、どーなんでしょう。

カギ足はポイント&フィギュアと同じく非時系列系の指標なので時間軸がありません。だから扱いにくい。相場ってのは音楽と同じで時間の芸術ですからね。

でも今回の円相場のように、そもそも時間軸を破壊する動きをした相場ではカギ足が面白い。ボクは日足をベースにして、カギ足の値を小さめにとって(外為どっとコムのFX Voiceだと0.2%とか)見ることが多いです。

そうすると、現代アートのようなラインが出現します(笑)。で、これの見方なんですけど、平時はあえて無視している“レベル感”を確認する作業になります。相場という風景をラフスケッチするような感覚が大切です。絵心ですね。ボクもアーティストのハシクレですからっ!

カギ足のちゃぶつきや天底を、時間軸が無関係になる前までのタイムスパンの範囲で確認します(そういう意味では時間軸がまったくないわけではない)。急落相場にはバブリーな時期もつき物なので、そこも含まれます。

それを見ながら点と線でトピックとなりそうなポイントを線で結んでいきます。ジグザグな線が引けますよね。このパターンがその相場の持っているエネルギーの波動ってことになるわけですが、カギ足を確認しているときというのは、時間軸を破壊された時期ですから、探りたいのは次のレンジ圏がどのあたりか...ということです。

これはMistery Tigerこと塩坂洋一さんにヒントを得たんですけれど、たまに違ったチャートを見ると新鮮な気持ちで楽しめるかもしれません。

儲かるヒントはぜんぜん書いてませんが(笑)、カギ足もたまに見ると楽しいって話でした。ただ、カギ足は時間軸があいまいという部分はいかんともしがたい。これが有効に使える人や相場ってのは、ファンダメンタルズに強い人とか商品市場などがメインかなとも思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マルちゃんがロボットプレゼント

ロボット、来てますね。何がってブームが。ロボット運動会の余韻覚めやらぬなか、マルちゃんのカップうどん赤いきつねのCMでロボットプレゼントキャンペーンを知りました。

ジャニーズのTU→YUオリジナルロボi-SOBOTが当たるとか。TU→YUはTO YOUってことなのか汁(つゆ)ってことなのかわかりませんが(両方か?)、ジャニーズも思い切った名前つけましたね。うどんCMのためのユニット?

それにしても「ロボットが当たる」という字ズラは近未来、21世紀っぽいじゃないですか。二足歩行ロボットがおもちゃになって、カップうどんの景品になるなんて。夢がありますね。最近夢の少ない日本ですけどね。

テレビCMではロボ鉄矢ですが、本当に武田鉄矢型ロボットが出てこないかなぁ。首振りながら「人という字は、支えあってー」みたいなこという格言ロボット(笑)。あと、二足歩行シーマンとかさ。

電気をエサにする新しい形のペット産業。おそらく何かに語りかけたい消費者層ってのは昔からあって。それこそぬいぐるみもそうだしキャベツ人形なんかも。

高齢化社会に向けていまロボットが浸透していくことは、タイムスパンからしても非常に有益かと。歩きしゃべるキャベツ人形、歩き戦うミクロマン、ロボットを基本にして、まったく新しいホビービジネスが展開しそうだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.11

なぜかスイスミリタリーも

Swiss_military_watchアニエスbの腕時計は大変気に入っているのだが、今回時計をいろいろ探しているうちに、前から欲しいと思っていた懐中時計もついでに買ってしまおうと思っていた。

そもそもスマートフォンのアドエスbは携帯電話としては大きめだし、ケースから出し入れするたびに、スタイラスのためのストラップをしまい込む手間がかかる。ストラップがダラーンと外に垂れているのはイヤだから。ネクタイのような気持ち悪さがあって(笑)。

そこで、機能性を考えると懐中時計でしょうと。今風に言えばポケットウォッチです。ダイバーズウォッチのころだってほとんど腕にはせず、ベルトに通してしたくらいだから、もともと懐中時計にしとけばよかったわけ。腕時計をベルトに通してダラーンとぶらさげているのはイヤじゃない。なぜなら、ネクタイと違って機能的だから!

時計マニアではまったくないので、とにかく機能重視でえらんだのがスイスミリタリーのポケットウォッチだった。値段の割りにスタイリッシュで文字盤が大変見やすい。手のひらにすっぽり収まり、装着もカンタン。ボクにピッタリだった。

モンディーン懐中時計ほかに最後まで候補にあがったのは、ラポート・ロンドンとモンディーンの懐中時計。ラポートは値段の割りにエレガントだったけど、ちょっとボクには高級感ありすぎなので、今後何かの機会までおあずけに。左写真はモンディーン。このスイス国鉄オフィシャルウォッチが品切れでなければ甲乙つけがたく、スイスミリタリーと両方買ってたかも。

なんだか懐中時計マニアなオヤジになりそうだ!あぶないあぶない(いや、あぶなくはないか!?)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.10

そしてアニエスb

エスbオーナーになって早一週間が経ちました。そしてついにエスbとのツーショットを激写!(笑)

と、その前に購入したアニエスbの腕時計をご紹介。

Agnesb_watchなかなかキレイに撮れました。この写真撮るのに朝から1時間半くらいかかったよ...。アホです。

目ざとい方はわかるかもしれませんが、これレディースタイプの世界地図デザインです。ショップによってはボーイズと紹介しているところもあり、ユニセックスかなと。

メンズのクロノグラフと迷ったんですが、曜日がデザインされているところを最重要視してレディースを買いました。ストップウォッチの必要性もないんで(^_^;)。

腕に入るかどうかも懸念しましたが、ガタイのわりに手首足首が細いサザエさん体型なので、手首は18cmでジャストフィットでした。アニエスbに誓って、これ以上もう太れない(笑)。

Adesb_agnesbそして念願のツーショット!(アホです)

アドエスbの鍵盤にアニエスbが乗っかっているところ。このミーハーかつマニアックな偏執狂的世界観(笑)。この写真を撮るために買ったようなもんですな。ふぉっふぉっふぉ...。まるでドラマ「働きマン」第5話の菅原みたいだ。いい仕事したな。

ま、それはそれとして。実は腕時計しないんだよね(笑)。なんか束縛されてる感じがイヤで。パソコンに向かうときも邪魔だし。普段は外してることが多いです。でもネクタイみたいに嫌いじゃないんだ。時計には機能性があるから。

●腕時計の思い出

アニエスbの思い出はアドエスbのときに語ったので、今回は腕時計の思い出話でも。

PHSを買うまでの15年以上の間、高校入学のときにマーさんっていう知り合いのお姐さんからいただいたセイコーのダイバーズウォッチをずっと使ってました。

実家のある徳山市(周南市)の南蛮屋さんってバーに子どものころから行ってて(ボクの洋酒にまつわる知識はここでかなり学んだ)、そこの老マスターがダイバーズウォッチをされてたんです。

ちなみにマスターはもう亡くなって、いまは奥さんがひとりで切り盛りされてるそうです。いまや日本で最高齢のバーテンダーだとか!確かにボクが子どものころからすでに老夫婦でしたからねぇ。でもとってもスタイリッシュでオシャレなご夫婦でした。

マスターは常に強い酒にコーヒーをカクテルして舐めてました。いろんなカクテルのウンチクを聴くのがたまらなく楽しかったです。この店には子どものころからの思い出がいっぱいあるんです。あまり夫婦というユニットに惹かれることがないボクでも、この老夫婦の有り様はなんかかっこよかった。

そんなマスターがしているのを見て初めてダイバーズウォッチというものを知って、時計を買うならこれしかないなと思っていたら、マーさんが高校の入学祝いに買ってくれまして。それをずーーーと使ってきたというお話し。オチがないなー!(笑)

Swatch_eyeあとはスウォッチにはまったことがありました。カラフルなスウォッチのスノビーな感じ。でもコレクターになるほどじゃなかったですね。スウォッチのサングラスとかかけてサイパンでミニギター弾いたりしてました。写真は15年くらい前のセイコーのダイバーズウォッチとスウォッチのサングラスとモーリスのミニギターを完全装備したサイパンの渡り鳥、つまりアホです (@-@;)V

| | Comments (0) | TrackBack (6)

2007.11.09

FX初心者はもういないかも

今井師匠のブログにタイムスパンが重要という初心者向けコメント書いたら、プロはいつエントリーでどこがターゲットで損切りはいつかをはっきり言ってくれる人だというご批判をいただいた(No.100)。なるほど、こういう考えの人がまだいるのかとあきれるよりも呆然とした(同じか!笑)。もうひとつのブログのほうに痛烈な批判を書いたのだが、そっちは非公開なので、ここでは痛烈じゃない批判を書いてみたい(笑)。

プロの相場師は予想屋じゃない。ロボットでもない。予想が外れてもトータルで勝つのが相場のプロであり、前記の人が望むようなセンセーは、提灯投機家向け(いわゆる銘柄君向け)の120%予想屋さんで、真逆だ。その先生が病気したりしてコメントしてくれなくなったらポジションを閉じるのだろうか...。

市場プレイヤーのコンセンサスや感覚を提供されたとき、そこからシナリオをどう構築していくのかが重要であり、単純に言われたとおり(あるいはその逆)をやるという浅い考えでは生き残れない。仕掛けも仕切りもセンセーまかせなんて愚の骨頂だ。

さて、それにしてもマット今井師匠のブログも様相がおかしくなってきた。もう初心者は近寄れないコメントばかりのブログになった。だからといってセミプロとか熟練者ばかりというわけでは500%ない。160ものコメントで素性を明かしているのはオレだけ...。どーしようもないヤサグレばかりが集まってしまうブログになった。本気でパスワード設定したブログを考えられたらいいと思う(設定は超カンタン)。

ただ、FXブームもサブプライムローンとともに去った可能性もある。ブームは去るものだ。そもそも素人が近づけない魔界だ(笑)。1998年以来今年前半くらいまで魔界への秘密の門戸が開かれていた。そこでただ迷い込んできた人は死んで行き、運よく生き残った銘柄君たちはブログコメントだけ威勢が良い。本当に勝ち残れる人はすくないのかもしれない。自分では学び続けているだけだから、その生存確率については実感がない。

もう初心者として入ってくる人はほとんどいないかもしれない。たまたまマット今井さんのような人と同時代に相場の世界に入れてよかったと思う。最近初期のころのセミナーを聴きなおしてみた。昔のフロアの様子など今はなかなか聞く機会もない。

ここから先は学んだものだけが生き残れるイバラの道だ。しかし大きなチャンスへのパスポートを手に入れてもいる。この旅を楽しいものに出来るかどうかは自分次第だ。原油20ドル時代に原油市場に入れたジム・ロジャーズのような人がいる。その時代にボクは相場へ入れなかった。何事もチャンスとタイミングだ。タイミングはなかなか来ない。逸してから入ったら破産する。FXブーム終了も悪いことではない。

| | Comments (1) | TrackBack (13)

2007.11.08

いい親の日

今日11月8日は「いい親の日」にできるんじゃないかと、ふと思った。

11/8を11/08って書くのはコンピュータ世代の親っぽいし。

11と08とがスラッシュ(/)で分断されてるけど(笑)。

そんなこと誰か考えてないかとググってみたら...。

なんと三重県警の文書がヒットした(pdfファイル)。

4ページ目の最後のほう、8月8日を母の日、10月3日を父さんの日、11月8日をいい親の日として育児休暇を取ってはどうかという趣旨だった。

ヒマだねぇー(笑)。

いや、結構結構。警察がヒマってのはいいことだよ。

この文書が実現できたら就職したいねぇ。

表紙に警察って書いてなければ、どんな優良企業かと思うな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.07

FX業者にも淘汰の波が...

こないだのFX札幌の倒産に続いて、こんどはアルファFXって会社がトンヅラしてしまった。もうWebサイトがなくなってたので、FX pressで少し情報をみてみた。

2001年から開業している登録業者であり、3億5000万円の資本金、自己資本規制比率は非公開、口座数は載ってなかったが約500口と報道されていた。ネット売買はなく対面取引のみだったようだ。11/5、金融庁はFX業者120社に対して財務の健全性などを調査する方針を決めた。

相場にはさまざまなリスクがあるが、取引業者がトンヅラしたらどうしようもない。外為法改正から来年で10年になる。個人のFX取引がブームになったのはここ数年だ。ボクが始めたころに比べると、本当にブーム、あるいはバブルといえる状況が続いていた。

確かに儲かる。ちゃんと学んで練習すれば。ボクみたいな小資金でもサラリーマンの月給くらいは1日で稼げたりする。今年上半期などはスキルも何もなくても資金を3倍以上にした素人がたくさんいたことだろう。しかし同時にボーナス分を1日でなくしたりもする世界でもある。普通の人には薦められない。この厳しさを乗り越えるには確かなスキルと資金管理、それ以上にメンタルの強さが必要だからだ。(ただ外貨預金をするくらいならレバレッジ1倍でFXに塩漬けしとくほうが効率はぜんぜんいい。業者さえ破綻しなければだけどね...)

だが業者のトンヅラとなると、そんな自分の側のリスクとはまったく異なり、回避できないリスクだ。登録制になってかつての悪徳業者のようなものは排除されたかのように思えたが、顧客と相対取引をやっている業者は顧客の損が会社の利益だったりするし、信託保全されているといっても、日々の取引に経営を脅かす損が発生しそうな場合は顧客のカネに手をつける業者がいてもおかしくない。

小さな損失、それは部下のミスだったり、いつも往来相場で取り戻せていたり、そういう小さなほころびを埋め合わせようとしてドロ沼にはまっていくというのは、相場で破綻する典型的なパターンといえる。ベアリングス銀行の倒産も当事者ニック・リーソンによればこういうことだった。相場にたとえればナンピンみたいなものだ。

「この急場をしのげば...」という甘い誘惑が顧客のカネに手をつけるきっかけになったりする。そして戻ることの出来ない谷底へ。損切りできないで破産する投資家みたいなものだ。

こういうリスクを回避するのは難しい。業者の経営状態を完全に把握することは出来ない。破綻したレフコにしてもグローバルな大手業者だった。それだけにとりあえず業者選びは慎重にしたいし、余裕資金でやる以外にない。

またスキルという面でいえば、損失が広がっていく過程(パターン)を知っておくことが必要だ。勉強する気持ちがある熱心な初心者でも、だいたいは勝ち方ばかりを知ろうとする。しかし何度も言っているとおり、相場は勝つ勝負ではなく負けない勝負をする必要がある。

チャートのパターンは先が読めないが、損失を出す人ってのは典型的な負け方をする。つまりその負けパターンは過去の事例に学ぶことが出来る。負けパターンに自分が陥ってないかを客観的に見ることが出来れば冷静になれる。それが自然と勝ちトレードにつながっていくのだ。

ボクがほぼ非公開でやっているFXブログ「沈黙のファサード・エンタープライズ」も、未来の自分だけのために負けるパターンを記録しておくことが最大の目的だ。最近はあまり負けてないので記録できてないが(>自慢かよ!)。しかし自分の欠点を知ることは優先事項の上位にあると思う。

おっと、最後は業者のトンヅラとぜんぜん違う話になってしまった。失敬、失敬。ブームは去るもの。去るものは追わず。ただ淡々と市場と対峙するのみだ。ボクの業者が破綻しないことだけを祈る!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.03

アドエスb

Adesb01結局PHSの世界からは離れられず、名機“京ポン”初代AH-K3001Vから“アドエス”に乗り換えた。

京ポンは最初にオペラブラウザを搭載した画期的なマシンだったけど、最近は充電したその日にバッテリーが切れたり(ウィルコムのバッテリ交換キャンペーンで変えてから寿命が短くなった気も...)、通話がやたら途切れたりし始めていた。電波状況のせいだと思っていたが、アドエスに変えてから切れなくなった。

アドエスb(笑)。アドバンストW-ZERO3[es]の新色のブラウニー・ブラックだから略してアドエス・ベー。チョコレート大好きっ子のオレにはピッタリの色だ!そうしてアニエスbも大好きなのだ。

学生時代フランスに行くオレにS美嬢が、当時まだ日本に入っていなかったアニエスbの口紅を「買って来て!」と言った。そのとき初めて知ったブランドだった(笑)。フランス本店には日本の女子大生の群れが並んでいて、男はオレとムスメに頼まれて並んでいるというオッサンの二人だけだった。そして女子大生が店員に「ワン、ワン、ワン」と吠えていたのが印象に残っている。和訳すると「これと、これと、これ買います」だ。この思い出話、かれこれ100回くらいしているので(笑)、知ってる人もいるかもな。

そんなアニエスbだが、そのモノトーンのなかに美しさをかもし出すクールなロゴはオレも結構気に入った。ブランドに疎いオレには新鮮な響きだったのだ。

Adesb02おっと、アドエスの話をしなくては...。スマートフォンだ。来年になればスマートフォンの市場も大きく拡大していくんだろう。アドバンストW-ZERO3[es]はスマートフォンとはいえフォルムは限りなく携帯電話に近い。それが気に入った。あとなんといっても主要為替レートがスクロールなしに見れるのがいい(笑)。

キーボードも思った以上に押しやすい。オレの場合、パソコンでThinkPad230Csとか、IBMChipCard VW-200にはまったクチなので、こういう小さいキーボードはお手のモノともいえる。結構エポックメイキングな製品を使ってきてるじゃん!京ポンもアドエスbも、きっとそういう歴史に残る商品じゃないかと思ってる。手前味噌ですが...。

ただスタイラスを持ち歩く必要があるためストラップが必要だった。ベルトに装着するポーチ型のケースも購入したのだが、ストラップが邪魔!出し入れに気を使う。

これまで電話が時計代わりだったのだが、出し入れに気を使うので、時計も欲しくなった。ブランドはやはりアニエスbにしたい!アドエスbとアニエスbを持ち歩くオレサマP。ほとんどその語感だけで時計も買っちゃう!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.11.02

がんばれ!歌姫

ドラマ「歌姫」が低視聴率だという。今クールは面白いドラマが多い。さすが年末だ。そんな中で埋もれてしまった感はあるな。

個人的に、相武紗季にはこの「歌姫」が過去最高の作品だと思っていた矢先だ。TOKIOにも主題歌「青春」(長渕剛作)とその前の中島みゆき2作を含むベスト盤をのぞんでいた矢先でもある。

テレビドラマなんてコマーシャルのためにあるようなもの。視聴率というのは大切なんだろう。しかしガンジス河でバタフライのときにも書いたが、視聴率と内容の良し悪しは関係ない。

これで途中打ち切りにでもなれば作品にとってもったいない。DVD化も危うくなってしまう。ジャニーズファンもがんばれ!大麻所持赤坂クンの影響でDVD化できなくなった少年隊ライブの二の舞を避けろ(>_<;)。

戦後の田舎映画館「オリオン座」という設定に引き込まれる世代は少ないのかもしれない。オレなんかはその設定だけでうれしいのだが。斉藤由貴も完全にイメチェンしてるぞ(ファンにとっては微妙なイメチェンかもしれんが)。

視聴率だけがモノサシになってしまっては、テレビドラマに幅がなくなってしまう。もしかしたらいまは過渡期で、これを乗り越えれば視聴率も取れる優秀なドラマが出てくるのかもしれないが...。アメリカンドラマのように。

しかしテレビ全体の視聴時間も確実に減っている。ワンセグで見れればいいやってことになれば視聴率の計測方法にも疑問が出てくるだろう。これがオンデマンド視聴という方向へ進めばいいのだが、テレビドラマの低迷が更なる作品の悪化というスパイラルに入るとまずい。

チャレンジのないところにいい作品は生まれない。視聴率だけ、スポンサーだけ、アイドルの商材写真的ドラマだけ、そんなものばかりが基準になっては、クリエイティビティの危機だ。そういう状況が定着すると新しい才能は出てこなくなる。視聴率という権威に擦り寄るゴマすりえせクリエイタばかりになっちゃう。

そんなことを言っても、いまのテレビにはその英断はできない。そろそろ斜陽産業化しはじめているのかもしれない。2011年完全デジタル化だそうだが、そのあたりでメディアとしてのテレビ黄金時代も終焉を迎えるのかもしれない。...と予言しておく。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« October 2007 | Main | December 2007 »