« 悪夢から覚めて | Main | 森学よ!謎の一等書記官としてリングへ来い! »

2007.06.19

あの頃のきらめきを!サマータイム

小説から遠く離れて何年にもなる。

でも夏が近づくときらきらした波頭を見たくなる感覚で、

ふと小説を読みたくなる瞬間があるんだ。

「サマータイム」には、そんな気分のときに出会った...。

短編小説?

違う。これは...水彩画?

パラレルな物語が好きだ。

こんな風に“あの頃”を切り取ることが出来たら...。

こんな風に“あの瞬間”を文章に残せたら...。

ボクが夏を探しているときは、きっと、

いつもあの頃のあの瞬間、雨の匂い、空気の揺れる音、

ふと出会った音楽...。

みんな同時に探してる。

ボクの夏がそろう日はなかなかない。

そうして一年、一年と過ぎていく...。

でも、今年、サマータイムがボクの夏をつれてきた。

言葉がスルスルと流れてくる。

そう、もうすぐ夏だ。夏の匂いだ。

|

« 悪夢から覚めて | Main | 森学よ!謎の一等書記官としてリングへ来い! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/15491435

Listed below are links to weblogs that reference あの頃のきらめきを!サマータイム:

« 悪夢から覚めて | Main | 森学よ!謎の一等書記官としてリングへ来い! »