« 2006年ソダーバーグの旅 | Main | 仮想世界旅行でリアルな旅を当てよう! »

2006.07.22

欽ちゃんの運命論

萩本欽一は怖いリーダーだ。オレは「まだ運があるか」を読んだときにそれを強く感じていたが、先日の唐突過ぎるゴールデンゴールズ解散の記者会見を見ながら、まさに欽ちゃんだと思ったし、欽ちゃん流の運命論を久々に目の当たりに出来たと思っている。

本拠地を茨城県に置くゴールデンゴールズ。野球に興味がないオレだけど、以前欽ちゃんが日テレ「オシャレ関係」に出たときに、どうやって観客を楽しませるかのプランを発表しているのを見ながら、やはりこの人はすごい人だと思った。

「お客さん、どこで一番観たいの?ベンチでしょ。プラチナチケットは監督の横」とか「一塁側は選手がたくさん見れる表通り、三塁側は裏通り。料金が違ってもいいじゃない」「試合のあとみんなでさ、試合を語るのが楽しいの。だったら選手も一緒になって今日の試合を語り合う劇場も作ればいいじゃない。試合が終わったら劇場に移動してみんなでワイワイ話せばみんな満足して帰れる」

プランナーとして超一流だし、それを実現してみせる力量も併せ持っている。番組で語った構想はまだまだ夢の途中だ。

メンバー極楽とんぼ山本の不祥事ごときで、いきなりチーム解散と言い放った。誰にも相談していなさそうだ。独断専行。それもまた欽ちゃんのひとつの顔でもある。山本が「すみません」と電話してきたとき、欽ちゃんは「山本、それ以上言うな。切れ!」と言って、なにも聞かなかった。非常に冷徹な対応だと思った。ゴタゴタ(不確実性)はすばやく切る。考える前にとにかく切る。切ってから考える(確実性の再構築)。それがテレビ屋萩本欽一だ。

かつて視聴率100%男と呼ばれた。一週間の冠番組をあわせると合計100%の視聴率を取ってたからだ。欽ちゃんは出会いの運命論をかたくなに信じている。論理を超えた信念に近い。面接した人間を一端帰し、これはという人には夜また電話する。つながったら採用。つながらなかったら不採用。それが縁というもの。そんな運命論によって人と出会い、そこで仲間になった人間とはとことん付き合う。そういう面がある。

だから山本の不祥事があったときは、野球に導かれて運命的に出会ったヤツがバカなことしでかして、その運命論的思考が真逆に振り切れた結果、唐突なチーム解散発言につながったような気がしてならなかった。連帯責任とかそういう組織論なんて、運命の前には一切無力なのが、欽ちゃんの運命論的思考なのだ。運命共同体は自分自身であり、自分自身の意志がすべてに優先する。テレビのヒット番組はそうやって作ってきた。

ただ、それはテレビの世界では成り立っても、リアルな社会に適用するには相当なムリがある。テレビで番組つぶすのは簡単だ。当時の欽ちゃんクラスであればスクラップ&ビルドで、いくらでもリセット可能な世界だ。だがリアルな社会は違う。ゴールデンゴールズはすでに地域住民の文化を担いはじめていたのだ。

欽ちゃんは球団を持つことによって、運命論ではつぶせないリアルな現実社会というやっかいなモノを背負いはじめていた。これはやっかいだけれども、テレビ界のようなうつろな世界とは違う、もっともっと濃い人々の運命を背負ったと言ってもいいと思う。もちろん不確実性の坩堝だ。

テレビ屋欽ちゃんの運命論は自分と他人との関係性だったけれど、今度は一段視野を広くして自分と社会との関係性について考えて欲しいと思う。マスメディアの向こうにある大衆ではなく、生身の地域社会だ。夢の続きを望みたい。だってオレ、まだ茨城の球場に行ってませんから!あと欽ちゃん、イバラですっ!磯山さやかもこだわってますから!

|

« 2006年ソダーバーグの旅 | Main | 仮想世界旅行でリアルな旅を当てよう! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/11051295

Listed below are links to weblogs that reference 欽ちゃんの運命論:

« 2006年ソダーバーグの旅 | Main | 仮想世界旅行でリアルな旅を当てよう! »