« ユーの連鎖か!? | Main | ブログとホームページと私 »

2006.03.11

勉学指向低下とダメエリートと

それにしても永田議員はダメ人間を通り越して害悪だな。党の処分は出ているとか、懲罰動議には従うとか、自分で判断できない政治家にいったい何が出来るのかサッパリわからない。若いくせに老害経営者みたいなもんだ。権力にしがみつく。まぁ民主党に権力はないわけだが信用もなくしてどーする。

優柔不断なオノレ自身が国会を空転させている責任を感じていない。オレには偽メールで勘違いしたときよりも今現在の永田の方が罪深いと思えてならない。コイツがいるだけで国家を危機にさらしているといってもいい。党に迷惑をかけた後は国家反逆罪的態度を取り続ける若手国会議員。

そう考えるとマエハラは極右だが、永田は極左テロかもしれない。アナーキーという点では同じか。すごいなアナーキストの国会議員って...。これが資本主義と結びつくとアナルコ・キャピタリズムというんだってさぁ。

それはそうと、最近出た高校生の意識調査で日本は勉学志向じゃなく人間関係最優先という結果が出ているようだ。まぁ日本は和をもって尊しとなす国なので何も変わってない。その日本固有の文化が進化しているともいえる。それを加速しているのが永田議員のようなダメエリートだろう。鳩山兄にも和を大切にする優柔不断さがある。民主党は日本人の鏡だな(鑑じゃない)。コイズミが外人だから(笑)、そういう意味では対立軸にはなってるかも。

とにかく日本社会では秀才エリートの犯罪やごまかしばかり目につく。やってて目に付かないよりは相当マシだとは思うが、そういうエセエリートのインチキがなくならない限りこの“日本の文化”は進化し続けるだろう。国会は世襲化し、それ以外はタレントのなれの果てだ。そこに間違ってちゃんとした人が入ってもそりゃ居場所はないだろう。

私は2000年に「バカは悪ではない」と宣言し(笑)、ワルよりバカにあこがれる高校生について書いた。あれから6年経ち、高校生はますますおバカさんを目指そうとしているのではないか。青年はおバカをめざす。

本当のバカの群れはめだか社会につながるという意味で危険なのだが、実際は適度におりこうさんなのだ。学校で不毛な勉強するよりも日本社会でのサバイバルを学んでいるってことだ。バカは安心感を与え人間関係を円滑にする。バカを演じることもまた人間関係最優先主義の表れなのだ。それは格差社会の生きる知恵だ。

ただ気づいたヤツは学んでいるはずだ。それを悟られるようなバカじゃないから意識調査では捉えきれないのだ。そして学校秀才が既に無意味だということを感じて、別の学習に価値を見出し始めているヤツが増えていると思う。高度成長の後押しはないんだから画一教育で幸せにはなれない。そこに早く気づくことが最重要だと思う。オレは受験戦争世代だが時代の先を行っていたため(笑)、早くに気づいてドロップアウトしたのだ(その考え方はこちら)。勉強か遊びかみたいな話ではないのだ。そんな二元論こそ受験エリートの考えそうなことだ。つまんね...。

|

« ユーの連鎖か!? | Main | ブログとホームページと私 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/9034834

Listed below are links to weblogs that reference 勉学指向低下とダメエリートと:

« ユーの連鎖か!? | Main | ブログとホームページと私 »