« 清原の会見を見て思った | Main | 愚痴 »

2005.12.28

細野晴臣&東京シャイネス

先日の「三木鶏郎と異才たち」に引き続き、昨夜は細野晴臣&東京シャイネスの公演を観に九段会館へ赴きました。入手困難だったけれどTさんのご尽力でなんとか入れまして大感謝です!三木鶏郎つながりのウクレレパフォーマ・今野英明さんもいらっしゃってましたね。

ボクのプロフィールページで図示してますが、細野さんという存在はボクの“音楽すること”へ多大な影響を与えてくれたミュージシャンです。そもそもはYMO世代のボクですからYMOなんですけれど、YMOで細野さんを語ることがどれほどの意味を持つのか思い知らされてから(笑)、ハリー細野ワールドへの本当の入口がありました。

細野さんはコンポーザとしてもパフォーマとしてもプロデューサとしてもヒットチャートのメインストリームを常に走りながら、本心でははらいそ(パラダイス)な音世界を追求し続ける稀有な存在ですよね。細野さんがいなければ出会えなかった音楽がいくつもあります。それだけに細野晴臣という“ジャンル”は雑多で捉えどころがありません。

日本の音楽シーンにおいて、決定的な出来事にはすべて関わっていると言っても過言じゃない、ミュージシャンズミュージシャンともいえましょうか。

そんな細野さんの原点ともいうべきソロ第一作が右上にご紹介した「HOSONO HOUSE」で、今回のライブは原点回帰ともいうべきライブだったわけです。でも曲は、その前のはっぴいえんど時代からも数曲、またYMOからも1曲(!)ロータス・ラヴが聴けました!

それにしても、面白いステージでした。面白いって言葉どおりです(笑)。まるでフォークソングのコンサートのようなMCでした。バンド・東京シャイネスはその名の通りシャイなのでソロは取らないとか(爆笑!)。でも昨夜は高野寛が参加したので、「ハイヒール・スニーカーズ」(ブルースだったけど、エルビス・プレスリーも歌ってるヤツかな?)では頼み込んでソロを取ってもらったりとか。

今年亡くなった高田渡の息子さんですばらしいスチールギターを聴かせてくれる高田漣がバンドに参加されてるのですが、その高田漣さんに「まだステージでは寝られないけど」と言ってみたり。高田渡さんは酒飲んでステージで寝るという伝説があったんです。志ん生じゃないんだから(笑)。

年取ったら反応が鈍くなるってネタもオンパレードでしたね。三日後に緊張するとか(笑)。でも今回はステージで大量の汗をかいていた細野さん。「風をあつめて」では歌詞を間違えられてましたが、間違えるポイントはボクといっしょで大感激(笑)。

♪ぼやごしにおきぬけのろめんでんしゃが...のところ。譜割りが難しいんですよね(笑)。1番と2番とで違うし。「この歌を人前で歌うのははじめて」「他の人がたくさん歌ってくれてる」「よく歌えるな」「もうこの歌を歌うのやめよう」みたいなコメント連発でした。でもアンコールで再挑戦し決めてくれました。

アンコールでは最近の細野さんの活動のひとつモンゴロイドユニットも登場しました。高遠彩子さんはモデル系だよねぇー。トリローライブの平山佳子さんといい、細野さんのまわりには美しいアーティストが多いなぁ。

モンゴロイドユニットでは、坂本冬美の「幸せハッピー」(作詞は忌野清志郎でHIS揃い踏み?)を熱演。なんだか音圧は一番あったような気がします(笑)。

そして最後の挨拶。東京シャイネスはシャイだからなかなか前に出てこない。そこで細野さんは「みんなシャイだからイライラする」だって(笑)。あと「ボクはリハが一番いい」とか。林家三平じゃないんだから(笑)。今度抽選でリハーサルに客を入れたいって企画には拍手喝さい!

挨拶のあとはトリオ・ザ・テクノのステップ(?)で退場。細野さんってあのスキップみたいなステップ気に入ってるよね?照れ隠しというよりは、これが細野だ!みたいな。これが細野の真骨頂だみたいな(笑)。

というわけでレポートでした。音楽の話してないですが、する?しなくていいでしょ。いいにきまってるもん。バンドメンバーのすばらしさは折り紙つきですから。まぁ、即席なのでバンドとしての音のまとまりはちょっと散らかってる感じもあったけど、そういうの関係ない。やったことに意義があるのさぁ。

九段会館(もとは軍人会館ですよね)の後は京大西部講堂のステージが待ってますが、右と左と両方でなんてきわどいジョークも。無翼のボクも大共感だなぁ(笑)。

あと、コンサートパンフか。3500円もした...。でも内容はなかなか充実で、手書きメモによる楽曲の歌詞やコード譜がスキャンされてて、結構ナミダものかも!

しかし、これでヤマタツ、ジョアンジルベルトブーレーズに引き続き、ボクにとっての巨匠中の巨匠をナマで見たいって夢がまたひとつ実現。あとは、筒美京平先生と大瀧詠一師匠か...。道のりは遠いなぁ(笑)。

----------------
追記:このライブレポートのリンク集を作られている方がいらっしゃったので、リンク張らせてもらっちゃいます。
http://d.hatena.ne.jp/pansar/20051228
この「ひとくちメモ」にもリンクしてくださってました。感謝!

|

« 清原の会見を見て思った | Main | 愚痴 »

Comments

こんにちは。以前に買って押入れにしまっていた「YMO伝説」と「TV-YMO」というビデオを引っ張り出してみてます。教授とユキヒロさんには幼さみたいなモノさえ感じますが、曲によって教授がドラムでユキヒロさんがキーボードだったり、細野さんがコントラバスですか?でっかい弦楽器を弾いたり・・・多彩ですね!しかし細野さんの圧倒的な存在感というか・・・貫禄あるステージングに見入ってしまいます。「TV-YMO」の方には82年THE MANZAIの「トリオ・ザ・テクノ」も収録されてて、”元YMO”の細野さんが林家三平さんのモノマネをしてました。けっこう巧い(笑)

しかしYMOも細野さんの音楽的キャリアの中では断片的な一部なんですね・・・広い、広いです。東京シャイネスのライブも貴重な空間だったようで・・・細野さんの「サービス」精神もたっぷりのLIVEだったようですね!高野さんとの生カラミも、いいなぁ・・・

Posted by: せる | 2007.02.23 at 22:07

こんばんは。ボクも昨日の邂逅話を読んでから、YMOの「BGM」をBGMに寝ましたよ。いま細野さんの「メディスン・コンピレーション」を聴いてます。いつ聴いてもアイウォイワイアオウはかっこいい曲だなぁ...。

YMOとはっぴぃえんど、キャラメルママにティンパンアレイ、ものすごい才能あるミュージシャンが細野さんを軸にして育ってきたんだなぁとシミジミ思いますねぇ。

ボクもトリオ・ザ・テクノとかウィンターライブなんかは全部ビデオテープで持ってるので、DVD化しなきゃなぁと思ってるところです。画像安定装置が活躍してくれればいいのですが...。

Posted by: ポップンポール | 2007.02.23 at 22:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/7872082

Listed below are links to weblogs that reference 細野晴臣&東京シャイネス:

« 清原の会見を見て思った | Main | 愚痴 »