« サラ金のうた | Main | 美勇伝 »

2005.05.27

ネクタイ

先日、久しぶりにネクタイをして一日すごしてみたら、ものすごい違和感が残った。よくあんなものをクビからぶら下げていられるものだ。みんな我慢強いなぁと感心した。

ほりえもんバッシングの口火を切ったのがネクタイ未着用だったが、仕事の能率重視であればネクタイは不要だ。特に日本は暑い国なので、風土的にも合わないような気がする。だからといって昔ながらの着物がいいのかどうかも疑問だ。このアジアのビル群のなかでは、まったく新しい正装のカタチをアパレル各社は行政を巻き込んで仕掛けて欲しいと思った。

それにしてもネクタイ。なんのために存在しているんだろう。そういう私も50本くらいは持っている。単なる習慣でしかない。文化ではないと思う。それでもなんとなくしていかなきゃいけない気分になってしまうときがある。それが居心地わるい。

ネクタイなんて名称をやめて、人間首輪とかメンズリボンとか言ったほうが、その無意味さは伝わるかも?だいの大人がみんなして首からリボンぶら下げて、なにがうれしいのか...。そういう感覚なのだ。

ファッションにもともと意味なんてなくていいのかもしれないが、それなら画一的である必然もなく、まして強要されるものでもない。強迫観念でメンズリボンを首からぶら下げているだけなんだ。

ネクタイにこだわる人も結構多いのか?女性は必ずネクタイの色を覚えている。そういう印象付けのためのツールでもあり、目印としては使えるのか?だが、ネクタイがなくなれば人物そのものを印象付ける必要が出てくる。それが怖いのか?

ネクタイにスーツというお決まりのカタチは、二種類の人間を選別する仕掛けでもある。たぶんお決まりの型で思考停止できるとホッとしている人と、制約のなかでいかに主張するかを常に考えている人と。それがひと目でわかってしまうところが、お決まりの型のメリットでもある。ネクタイ未着用はその値踏みを拒絶する主張でもある。

アイキャッチとしてのネクタイには、積極的に使う気になれば使えるだけの社会的ポテンシャルがあるのだろう。そういうツールを必要としないほりえもんなどにはネクタイは不要だろうし、ネクタイをしないこだわりという逆の制約の呪縛も生まれる。結局、世の中、ネクタイをしてもしなくても囚われの身なのだ。

だからこそ、たまにしてみるのは面白いかもしれないと思った。ネクタイを非日常にしておいて、たまに遊んで見る。リボンをつけてみる。髪を切ったり延ばしたり、メガネをかけたりかけなかったり、そういうツールと同レベルでいいじゃないか。なのに、なんでネクタイだけはしないとバッシングされるのか?

とりとめもなく、ダラダラ書いてしまった。まるでネクタイのように無意味だ...。

|

« サラ金のうた | Main | 美勇伝 »

Comments

僕も普段、ノーネクタイどころかてきとーなシャツにジーパン、スニーカーで出社です。
外で重要なオッサンじゃなかったお客様に会うときは流石にしかたなーく、スーツにネクタイですが、訪問ごとにじりじりと崩していき、最後はノーネクタイ、ボタンダウン、チノパン(冬だとカジュアルなジャケットを羽織る)となりまする(笑) 相手が似たようなエンジニアな人たちだと初見かららこのスタイルだなあ。
どうも営業な人たちとエライ人たちはネクタイとスーツが大好きです。というより、とりあえずこれ着とけば失礼に値することがないからってだけかもしれません。
おかげでそれに合わせてこっちまでスーツ着ないと思いっきり浮くことになるんですよね。。まったく迷惑な話だ。

Posted by: くっきも | 2005.05.28 at 10:13

スーツも制服信仰のひとつですかね?日本人ってわりと飲み込みが早くて、特に仕事に関しては合理的な考え方が出来る伝統があったのに、スーツとネクタイに固執してしまうのは、やっぱ感覚が変わってきたってことでしょうかねぇ...。そのルーツは日露戦争後の日本軍が制服族に引っ張られてねじれていったあたりなのかなぁ。

以前、ネクタイ柄をプリントしたカジュアルシャツ作って着てみようかなと思ったこともあったんですが、それはそれでネクタイすることを肯定して、その無意味さを増幅させたうえ目立つのでやめました(笑)。

Posted by: ポップンポール | 2005.05.29 at 09:52

僕は仕事柄スーツが基本なので、カジュアルで出社したい気持ちばかりが悶々としておりまする。しかし一方で主張したい派です。ポップンポールさんの言う”制約のなかでいかに主張するかを常に考えている人”の部類でしょうな。日替わりで来い、と言われたら1ヶ月はもつくらい持っていますけど、職場では完全に浮いていますね。地味な方が多いので、それはそれで楽しむしかないし。営業マン時代には、契約迫る日の”勝負ネクタイ”がありました。威圧感を与えそうな絵柄の、ね。

>ネクタイ柄をプリントしたカジュアルシャツ
持ってます(笑)。ディズニーストアで買ったもので、白地に緑の縦ストライプ、黄色のネクタイが風になびいているように正面に描かれたものです。ネクタイの上でミッキーマウスが滑っているという絵柄なのですが、けっこうお気に入りだったりもします。

Posted by: tak | 2005.05.29 at 21:51

私もくっきもさんと同じようなスタイルです。なので年に5回とスーツは着ませんね。というかどこに仕舞ったか(笑。なのでタマはスーツも着てみたいな、と思います。

Posted by: 蒼空とそよ風と の管理人 | 2005.05.30 at 08:24

takさん、ネクタイ柄のシャツ持ってるんだ(笑)。つーか、ディズニー、作ってるんだ...。

蒼空とそよ風と の管理人さん、ボクも学生の頃はソフトスーツ全盛時代だったので、結構スーツ着てました。「ネクタイ着用」というプレッシャーじゃなく、たまには着けたいっていえる生活環境が大事なんですよね。

Posted by: ポップンポール | 2005.06.01 at 08:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/4299148

Listed below are links to weblogs that reference ネクタイ:

« サラ金のうた | Main | 美勇伝 »