« センター試験 | Main | 上機嫌なジーン »

2005.01.17

センター試験問題

十二人の怒れる男今回のセンター試験でも、特定教科書の内容に偏った設問があったとか。今回の場合は、まんま同じ文章と超類似設問があって、これまでよりもひどいとか。受験生にとっては納得いかないことだろう。だがこれからの人生において、納得いくことなんてそうそうあるもんじゃない。

センター入試レベルというのはかなり狭い世界なので、仕方がない面もある。運の良し悪しはどこにでもあるものだ。その程度の運で落ちたとしたら、それは実力のうちだと思うがどうだろう。

将来もしかしたら国立大学なんかに入らなくて良かったと思える日が来るかもしれない。青色LEDの中村教授が言うように設備は古いし、旧帝国大学にだってトンデモ教授がワンサカいる。下手に入ってヤバイ大人になっちゃうリスクもあるのだ。

所詮ペーパーテストなんてものは、諸悪の根源である官僚にでもなる人間にしか有効ではない。官僚になるならペーパーでトップレベルじゃないと人生が狂ってしまうかもしれないが、センター試験で一度挫折してみるくらいの方が、後々生きる力につながるかもしれない。

ボク自身は共通一次試験世代で詰め込み教育のなかで育ってきたけれども、出された問題をすんなり解くことに抵抗があった。いかに裏をかいて新説を編み出すか、本当の答えは1だけど、4になるための論理武装を考えるほうが楽しい。特に国語なんて。ま、点は取れない一人遊びではあるが...。そんなだから、このひとくちメモをやっているわけだ(笑)。誰もが答えは1というのなら、4を出してみましょうということだ。

これはまさに「十二人の怒れる男」とか「12人の優しい日本人」という映画に通じる気概だと思っている!若いうちに見ておいて損はない映画だと思うぞ。

|

« センター試験 | Main | 上機嫌なジーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/2602362

Listed below are links to weblogs that reference センター試験問題:

« センター試験 | Main | 上機嫌なジーン »