« 年金ダジャレ問題を投票に反映させよう! | Main | 日本人のキーワードは「逃げるが勝ち」 »

2004.05.07

モリ・ビル Vol.2

今年最大の問題作!回転ドア・ヴァイオレンス超大作「モリ・ビルVol.1」から一転、ヴァイオレンスシーンを大幅にカットし、回転ドア撤去作業員の日常を描いたヒューマン・ドキュメンタリー。若き日の彼らを描いたTVドラマ「六本木ヒルズ青春白書」の制作も検討している。

|

« 年金ダジャレ問題を投票に反映させよう! | Main | 日本人のキーワードは「逃げるが勝ち」 »

Comments

上手いなぁ。
本当に感心します。
常にこのようなことを考えているのですか?

Posted by: Sleepy | 2004.05.07 at 22:19

Sleepyさんまいど!
褒められると伸びるタイプのポップンポールでしゅ(笑)。

> 常にこのようなことを考えているのですか?

意識してないんですけど、世の中がこう見えてしまうから仕方がなくて。作詞家の松本隆さんがおっしゃってたのは、言葉は空気のようにそこらじゅうにあるらしいんです。それを掴むかどうかなんですって。詞的表現は松本隆さんに全部持っていかれちゃってるんで(^^;)、ボクには残ったこんな言葉のカケラが降ってくるんですね。きっと。

でもこれはこれで厄介です!何事にも普通に対応できないから。日常生活でのコミュニケーションが大変困難です。まるで筒井康隆の傑作短編「家族八景」に出てくる日曜画家のようです...。

Posted by: ポップンポール | 2004.05.08 at 10:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103/553403

Listed below are links to weblogs that reference モリ・ビル Vol.2:

« 年金ダジャレ問題を投票に反映させよう! | Main | 日本人のキーワードは「逃げるが勝ち」 »